4月の日記

日記の一番下へ


4/1(木)

たまには音楽について語ろうかと。
僕はビーマニ→ポップン→ツーデラ→ギタドラと音ゲーをやってきて色々な曲を聴いてきました。とりあえずギタドラのページで曲がちょこっとだけ聴けるので、この中で好きな曲なんかを。

drummania 8thMIX
「Black holizon」がダントツで好きですね。カッコイイ!!
他には「涙のregret」あたりが好きです。

drummania 9thMIX
この中で一番を決めるのは難しいんですが、あえて言うなら「RISE」ですかね。やっぱりカッコイイ系のインストで。
他には今すぐポップンに入ってもおかしくない感じの「mint candy ☆ citrus drop」や、「DANCE FOR THE FUTURE」あたりが好きです。

ここに挙げた曲以外にも好きな曲はたくさんありますが、書いていくとキリが無いので特に好きな曲を挙げました。他の曲もゼヒ聴いてみて下さい。ギタドラって言うと同じような感じの曲しか無いようなイメージがありますが、意外と色々な曲があるもんです。

さて、じゃあ今まで聴いた曲を全部ひっくるめてどの曲が好きなのかというと、純粋に曲だけを考えた時に挙げられる曲は・・

(HARDCORE DRUM'N BASS)something special (beatmania CORE REMIX)
(PROGRESSIVE)Concertino in Blue (drummania 6thMIX)
(INSTRUMENTAL)airflow (beatmaniaUDX 8thstyle)

この3曲ですかな。airflowはDisc Jockeyで聴けたりします。
ちなみにアーティストはRAMさん、佐々木博史さん、村井聖夜さん、Mr.Tさんが好きで、この4人の曲は大体僕の好みに合っていますね。

4/2(金)

コンテンツに「ステータス」を追加しました。
日記に毎回アレを書くよりも、こういう風にした方がいいと思ったんで。でも作ったのはいいんですが、QMAもBOも最近やっていないので更新できない状況です(爆)。BOはもう少ししたら復帰する予定ですが、QMAはまだムリですかね。・・ってか、近くにQMAができる環境が無いっていうのがデカイんですけど・・(^^;)
「今日の問題」同様、更新しても★マークは表示しないつもりなんで、更新したと直感したら覗いてみて下さい(爆)。大きな更新をしたら★マークを表示しますけどね。

そろそろクインティを更新したいトコです。

4/8(木)

コナミの音ゲーも色々な種類がありましたが、今ではポップンとツーデラとギタドラだけになってしまいました。今日は僕が今まで音ゲーをどのぐらいやってきたかなどについて簡単に。

beatmania
4thからやり始め、最後のFINALまでやりました。
シリーズはもう終わっちゃいましたが、今でも大好きです。音ゲーの基本。

beatmaniaUDX
5thからやり始め、現行の10thまで続いています。
最初は5鍵と同じだろうと思って始めましたが、全然違いますね。判定の5鍵に対し、譜面のツーデラってトコでしょうか。ちなみに僕は2P側(右側)でプレイします。

beatmaniaV
6thの時にやってました。
肝心のフットペダルは結局1回もやってなかったりします。ドラムをやり始めた今ではちょっとやってみたい気もしますね。さて、どこに行けば筐体があるんだろう・・(汗)。

pop'n music
4からやり始め、9までやりました。
多分音ゲーの中で一番プレイ回数が多く、その中の3分の1ぐらいは「(LESSON)POP〜STEP〜UP」のプレイ回数だと思います。伝説のレッスンマスター(何)。

pop'n stage
一時期すごくハマりました。
本当に一時期ですけどね(笑)。もし僕がやっていた台がイージー設定じゃなかったら数プレイで止めていたかもしれません。飲み物必須!(笑)

drummania
現行の9thから始めたばっかりです。
やり始める前は全然興味が無かったんですが、見事にハマりました。意外と自分好みの曲が多いです。

GUITARFREAKS
1回だけやった事があります。
たった3ラインなので簡単かと思いきや、左手でボタンを押して右手で弾くという二重の動作で混乱し、それに加えてシビアな判定でボロボロ。ムズイ!!

KEYBOARD MANIA
CSでちょこっとやった事があります。
実は今密かにやり始めてみようかと思ってたり。僕はテクノが好きなので、いい曲に出会えるかもしれないので。

Dance Dance Revolution
何回かやった事があります。
ポプステの経験を生かせる今なら結構できるかもしれないですね。

MAMBO A GO GO
ほんの数回やった事があります。
ポップンと似たような感じでした。

Dance Maniax/ParaParaParadice
一度もやった事がありません。
さすがにやる気(勇気?)が起きませんでしたね〜・・(^^;)

4/12(月)

今日は日記っぽく。

まず上野でちょこっと買い物をした後、御茶ノ水にある大学へ行ってちょこっと用事を済ませました。
その後は前の校舎にちょこっと用事があったので、新宿に行ってKO線で。前の校舎に行くのはかなり久しぶりなんですけど、新校舎を建てる工事をやっていました。何やら工事中に旧石器時代の遺跡が発見されたとか何とか(驚)。
それから当時通っていたゲーセンでツーデラをちょこっとやった後、笹塚にあるゲーセンにもついでに寄っていこうと思って行ったんですけど、なぜか閉まってました(泣)。
その後は新宿でちょこっと買い物をして、池袋にちょこっと寄りました。久々に「ゲームスポット モアイ」に。ポップンが6台ある事は聞いていましたが、実際見ると物凄い光景ですな・・(^^;)他にもツーデラ3台、ドラム3台、ギター1台、DDR1台ですか・・(爆汗)。ドラムをちょこっとやろうと思って何回かやったんですけど、順番待ちしている時にスキル1200超の人のプレイが見れました。スキル1000ぐらいの人のプレイは見た事があったんですけど、さすがに1200超の人のプレイを見るのは初めてでしたね。Lv.99の100秒(EXT)をAランクとは・・世界が違う・・(核爆汗)。

今日は本当に「ちょこっと」の連続だったんですが、「ちょこっと」もたくさん集まると大きくなるもんです。あ〜・・疲れた・・。

4/14(水)

やっと「田尻智 ポケモンを創った男」を読み終えました。
この本を買った一番の目的はやっぱりクインティの開発資料なので、その話を中心に。

この本に掲載されている資料は実際にクインティで使われなかったのが多く、それが逆に興味深いモノになってます。ではそれらについて順番に。
・方向転換
資料を見てもなんだかよく分からないんですが(汗)、パネルにはいくつかのポイントがあり、そのポイント間を移動するシステムだったようです。そして方向転換をした時に敵に触れても、敵と同時ならミスにならないで通り抜けるらしいです。

・シャッフルアタック
これは製品版にもある、パネルをめくって攻撃する基本攻撃です。でも製品版と違うのは、敵を飛ばした先に敵がいればその敵も巻き添えにして飛ばせるという点。これはなかなか面白いと思いますが、なんで無くなっちゃったんでしょうかね。

・加速
こういう技があったらしいですが、詳細不明。説明文から想像するには今のアタックパネルみたいな感じ・・?

・パネル
クインティのメイン要素なだけに、これが一番興味深いですね。

ターゲット:画面中4ヶ所にあり、4つとも画面に出現させると面終了となる。
各面に必ずあるのか、いくつかの面にしか無いのかが気になるところですね。もし前者だったならば、今のとはまた違う感じのゲームになっていたと思われます。

(名称無し):出現させて上を通過すると、このパネルの周囲8枚のパネルがすべて1回更新される。その後ノーマルパネルになる。
う〜む・・あんまり役に立たなそうなパネルですな。ボツになったのも分かります。

トラップパネル:敵も主人公も上を通過すると動けなくなる。10秒動けない。作戦を立てて使う。
これは面白い。敵が引っかかったらチャンスですが、間違って自分が引っかかっちゃうとほぼ確実に死ぬでしょう。

エクステンドパネル:取ると1人増える。
これは今のルーレットパネルから独立したパネルでしょうか。

サークルパネル:(ゲーム進行の全体のスピードが少し上昇する) とりあえずやめて・・
ボーナスパネル:黄100・緑200・水400・赤800。取るとノーマルパネルになる。
サークルパネルはとりあえずやめて、ボーナスパネルになったようです(笑)。ルーレットパネルの原案みたいなパネルですね。

スターパネル:2枚出現させると、ターゲットのあるセクションが一瞬光る。
開発段階のスターパネルがこんな効力だったとは・・。

(名称無し):その時点で面終了となり、ボーナス10000点。ファンファーレ。
とりあえず「当り」とデカく書かれたパネルに笑いました。さすがにこのデザインのパネルはクインティに合わないでしょう(笑)。


製品版のクインティと違うのはそんなところです。試行錯誤を繰り返しながらゲームを作っていた様子が読み取れますね。だからこそ、あそこまで完成度が高いゲームになったのでしょう。
その他にもポケモンを創るまでにあった様々な出来事が書かれており、ゲームフリークが好きな人には読み応えのある本になっています。

4/18(日)

キーボードマニア
早くも(?)やり始めました。最初からいきなりREALでやったんですが、ボロボロだったのでLIGHT+から。やっぱ予想通り鍵盤の位置の把握が難しかったですね。1つズレて変な音が出たり、2つの鍵盤の真ん中を押しちゃう事なんてしょっちゅうありました。
それでも意外と早く自分の思い通りに一応は弾けるようになり、LIGHT+は卒業できるぐらいのレベルになりました。再びREALに戻ったんですが、LIGHT+には無い譜面の複雑さが増してムズイ!
まずは同時押し。やっぱり混乱しますね。そしてバラマキ譜面。白鍵・黒鍵だけならまだしも、それらが混ざるとダメです。あとは鍵盤押しっぱなしをしている時には他の鍵盤が押せません。まだまだ先は長いっぽいです。
よくやる曲はポップンにも収録された「(HEART)Pink Rose」や、ツーデラにある原曲の「(FORMULA)Ride on the Light」あたりですね。「(CATHEDRAL)Henry Henry」は昔から知ってたんですが、やってみて更に好きになりました。3rdの新曲はまだ全部はやってないですが、「(CURE)緑の風」あたりがいい曲だった気がします。

やってみて思った事は、キーマニってとにかく地味だな〜・・と(笑)。特に譜面がヤケに地味に見えました。例えば同じラスボス曲の「(PROGRESSIVE)The Least 100sec.」はギタドラもキーマニも実際は相当難しいですが、譜面を見た第一印象がギタドラのは本当に凄いと思ったのに対し、キーマニの譜面はあんまり凄いとは・・(爆)。いや、当然キーマニも難しいのは分かってますけどね。
CSでも買って練習しようかと思っている今日この頃でした。

4/23(金)

最近ナムコの「キングオブキングス」にハマっています。
昔一度だけやった事があるゲームで、その時あまりにも面白かったのは覚えているんですが、肝心のタイトルが全然分からなかったので探すにも探せないというゲームがありました。それでココのファミコンデータベースを一通り見ていたところ、非常に気になったゲームがキングオブキングス。僕が探していたゲームは多分コレだと思います。

ジャンルはシミュレーションRPGです。一応ストーリーモードがあるのでRPGを付けました。ゲームモードにはストーリーモードである「ルシファーとのたたかい」と、コンピュータか人間と対戦する「マルチプレイ」があります。
最初、自分の城にキングというユニットが1体配置されており、ここの城でユニットを作っていきます。ユニットは雇うという形なのでお金がかかり、いい性能であるユニットほど高くなっています。お金がある限り、ユニットはフィールドに32体までなら一度にいくらでも雇えます。ユニットを進めて行き、相手の城にいるキングを倒せば勝ちです。
ユニットには相性があります。例えば、○は△には強いが□には弱い、△は□には強いが○には弱い、□は○には強いが△には弱い、という感じです。攻撃は縦横斜め8マスからでき、必ず戦闘を仕掛けた方が先攻になります。そこで相手を倒せなければ必ず反撃を受けます。飛行ユニット以外には地形効果があり、それを利用する事によって戦闘が有利になったりします。
各ユニットにはFOODというのがあり、1歩移動するごとにFOODが1減ります。FOODが0になると移動できなくなります。このFOODは町で待機すると上がります。また、FOODが移動力以下になった場合、1ターンその場に待機すれば移動力分のFOODが手に入ります。敵の隣に来ると戦闘コマンドが出てきます。これによって敵の隣を通過する事はできません。
お金は自分のターンになると、自分が占領している町(と城)の数に応じて入ります。町はファイター(とキング)だけが占領できます。相手が占領している町にファイターを置けば自分が占領できます。

全体的な説明はこのぐらいで。次は各ユニットについて一言ずつ。

キング
とりあえず最強ユニット。戦闘に参加させられないのが本当に惜しいです。城に守られているため防御力も高く、最初は本当に倒すのに苦戦しました。ルシファー戦の最初のステージではキング1体だけでも、勝つ事はできなくても負ける事はないんじゃないですかね。

ファイター
対キング用の重要ユニットなので、戦闘には基本的にとどめ役としてレベルを上げています。町の占領も実質ファイターしかできないので、大事にしたいユニット。

ナイト
コストの割にあんまり強いとは思わないんですが・・。僕は使うとしたら対キング用として最後に出すぐらいですかね。レベルが上がるとシルバーナイトにクラスチェンジします。

モンク
なかなか使う気にはなれません。とにかく移動力4がキツすぎます。ゴーレムの召喚は魅力的なんですけどね。レベルが上がるとプリーストにクラスチェンジします。

ソーサラー
モンク同様、移動力4がキツくて使う気にはなれません。バルの魔法も使いづらいですし、せめて移動力が5あるか、もっとコストが低ければ使う気になれるんですが・・。とにかく使いたいのに使えないのが悲しいです。レベルが上がるとメイジにクラスチェンジします。

ゴブリン
かなり好きなユニットです。攻撃力が高いので、攻撃を仕掛ける時はゴブリンを使う事が多いです。特にジャイアントとグリフォンを使う際のエルフ対策には欠かせません。よくFOOD不足になるのが唯一の欠点ですかね。

ハーピー
このコストで移動力14(飛行)は反則だと言うしかないです。FOODも十分すぎるほどあるので、この移動力を利用して様々な活躍が期待できます。僕は後半にキングを囲んだりするために大量生産します。

エルフ
ハーピーは勿論、グリフォンとジャイアントの厄介ユニットに対しても強いので多く雇います。防御力もそこそこあるので、ゴブリンにさえ注意していればかなり使えます。

ジャイアント
堅いのでエルフに気をつけながら突っ込ませる事が多いです。移動力が5しかないので、序盤に必ず雇っておきたいユニットです。

グリフォン
大好きユニットです。強い!!エルフとソーサラー(とグリフォン)がいなければ大暴れできます。飛行で移動力があるので、いつでも使えるのも魅力ですね。ただ、飛行ユニットとしてはFOODがやや低めです。でも一番のお気に入りユニット。

リザードマン
存在理由が分かりません(爆)。アタック表を見ても弱いのは明白。ゴブリンと似たような感じですが、これならゴブリンを2体雇った方がマシだと思います。何か他に特徴があれば・・。

ワイバーン
高いので活躍するのは後半になりますが、飛行で移動力が全ユニット中最大の16なのですぐに活躍できます。でもやっぱりコストの高さがネックなので、使うとしたら絶対に倒したいユニットがいる時などですかね。

サーペント
水地形が多いマップでは絶対に雇っておきたいユニットです。僕はルシファー戦のラストマップで2部隊雇いましたが、これが強い!地上では移動力と攻撃力が半減しますが、それでも強い。それに加えて物凄い防御力なので、並のユニットではまず倒されません。

ドラゴン
キングと肩を並べる最強ユニット。コスト4000は高すぎて終盤じゃないと手が出せません。でも終盤では自分のユニットは城から離れている事が多く、いくら全地形が1で移動できても移動力6では追い着くのに時間がかかります。なので結果的には使えないユニットと言わざるをえません。コストが4000もかかるなら、移動力はせめて10ぐらいは欲しいところですね。本当に惜しいユニットです。でも一度は使ってみたい夢のユニット。

そんな感じで、全体的な感想としてはとにかく面白いの一言に尽きます。ここまで面白いと感じたソフトはクインティ以来ですね。クインティと同じく非常に完成度が高く、とても1988年に作り出されたソフトだとは思えません。今でも十分に遊べるソフトだと言えるでしょう。1回の対戦が終わるまでにかかる時間が長いのが唯一の欠点ですが、その分の面白さはあります。最大4人まで対戦できるのも非常に大きな魅力です。僕が今までやった事のあるファイアーエムブレムやスーパーロボット対戦などのSRPGとはまた違った面白さがあり、やっぱりシミュレーションゲームは面白いと思いましたね。
ちなみに開発はアトラスらしいです。

攻略ページ(鎮魂の丘)
各ユニットが画像付きで紹介されています。他にも色々なデータや説明があって分かりやすいです。

日記の一番上へ

戻る