×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



6月の日記

日記の一番下へ


6/5(土)

言うまでもないと思いますが、今のTOP絵はデジカメで撮った画像を加工した物です。僕がそんな絵を描けるワケがないので。もし描けてたらTOP絵は毎回描き下ろしですよ(笑)。

今大学の授業で画像情報論というのを履修してるんですけど、その授業で最近ペイントショップを使った画像の修正と加工について教わりました。これがなかなか面白くて、今後のTOP画像に生かしたいと思ったんです。でもペイントショップなんか持っていないんで、自分が持っているソフトの中で同じようなソフトはないかと探していたら、いつもスキャナーの取り込みに使っているフォトスタジオというソフトに似たような機能があったので早速使ってみました(フォトショップじゃないですよ・笑)。さすがにペイントショップより機能は劣るものの、基本的な機能は備わっているので十分です。その中のアートという効果を使ってTOP絵を作ってみました。写真が絵になるんだからスゴイッ!風景画なんかにこの効果を使うと本当の芸術品みたいになるんですよ。大学の授業でやって感動しました。なんで今までこんな便利なソフトを使わなかったんだろ・・(^^;)

そんなんで、今までとはちょっと違う感じのTOP絵にしてみました。

6/7(月)

今日は久々に1日中ゲーセンに居座ってました。場所はウェアハウス埼大通り店です。QMAに復帰したので、その話を中心にして今日1日を。

QMA
ウェアハウス埼大通り店
プレイ料金:200/100/100
クライアント数:6
タッチパネルの反応:良
筐体音量:中
イスの高さ:普通
混み具合:少
雑音:中
交通:車や自転車でR463埼大通り沿い
評価:★★★★☆

約3か月ぶりに復帰しました。久しぶりにやった感想はというと、やっぱりこのゲームは面白いですね。なのでついついトータルで20プレイ以上やってしまいました。
まずは腕慣らしにセカンドから。アロエに「なんだかすっごく久しぶりー!」と言われちゃいましたよ(笑)。タイピング速度が遅くなっているかと思いきや、結構腕が覚えていたので大丈夫でした。予選もそこそこの成績で、覚えていた旧問は即答できたりも。
セカンドでやってみて意外と感覚が残っていたので、セカンドで何回かやった後ファーストに替えました。賢者以上のクラスと対戦するのは大魔導士独立後は初めてだったんですが、対戦相手のレベルも問題のレベルもやっぱり違いますね・・(^^;)1回戦はタイピングだったんですけど、サッパリ分からなくて1問も答えられずにいて、しかも間違えているのが僕1人だったので、対戦相手から「セルリアガンバレ」というメッセージをもらったりしました(笑)。賢者以上だと余裕がある人はチャットしますからね〜。とりあえず嬉しかったので、2問かけて「さんかげつぶり」「なんだよね」というメッセージを打っておきました。そして0点で予選敗退・・と(爆)。その後も何回か賢者以上のクラスと対戦したんですが、いずれも1回戦敗退。う〜ん・・キビシイ・・。
また少しずつ実力をつけていきたいと思っています。目標は大賢者になってオフィシャルサイトに名前を載せる事ですね。

ドラム
完全に大きな壁に当たっています。親指にできたマメが完治していないにも関わらず新しいマメができたため途中で続行不能に(爆)。あとはドラムは汗との勝負でもありますね。最近は2プレイで汗だくになります。

ツーデラ
エキスパートのオリジナルコースのランダムばっかりやってました。・・とは言っても特攻する勇気は無いので、ちゃんとコマンドを入れて曲を確認していますけどね。4曲目が分からないのでハメられたりもしましたが、なかなか変わった選曲のコースもあって面白かったです。

6/23(水)

ファイアーエムブレム 紋章の謎
2回目のプレイ&クリアになります。キングオブキングスの影響でSRPGの面白さを再認識し、いつか2回目のプレイをやろうと思いつつもずっとできなかったFEを今こそやるべきだと思ってやり始めました。
今回やったのは第2部の英雄戦争編のみです。とにかく最強の軍団にして、限りなく完璧に近いプレイをするのが目標。また、プレイするにあたって自分でいくつか決まり事を作りました。
1.倒せる敵は全て倒し、入手できるアイテムは全て入手する。情報も全て聞く。
2.クラスチェンジをするユニットは必ずレベル20まで上げてからクラスチェンジする。
3.ドーピングは終章1になるまで使わない。
4.レベルアップの時にパラメーターの上がりが悪いからと言ってリセットはしない(笑)。
では各マップについて一言ずつ。


第1章 グルニア遠征 20ターン
途中の山岳地帯の影響で思ったより時間がかかってしまいました。ロレンスは倒せたりするのかと思いつつも、倒したらマズイかと思って普通に自爆させたんですが、後で調べたら倒しても何も影響が無いそうで・・(^^;)

第2章 マケドニアの反乱 16ターン
レディソードの盗賊をカチュアで倒せず、泣く泣くアランで倒したのが心残り。

第3章 連れ去られた王女 33ターン
前回のプレイでアイオテの盾を取るのをすっかり忘れてしまったので、今回は忘れずに回収。

第4章 喜びと悲しみと 32ターン
増援は砦を囲んで1つ1つ慎重に対処したので時間がかかっちゃいました。
さわやかな笑顔でキツいこと言う・・・あれがぼくらの王子さ・・・。
↑元ネタが分かる人はいないでしょう(笑)

第5章 グルニア解放 30ターン
リブローの司祭を倒すのに苦労しました。近づくと逃げるのは計算外。結局両サイドから威圧しないとダメでした。その後にジョルジュ隊のスナイパーを2体倒して制圧。司祭が逃げなければもう1体倒せたかもしれません。闘技場はたしなみ程度で、オグマとロディを数レベル上げました。パオラとカチュアもやったっけかな・・?

第6章 悪の巣 37ターン
増援は東の小部屋でドーガを壁にして慎重に対処。扉は西の扉を開けたので移動に時間がかかりました。

第7章 紅の剣士 13ターン
ここで最初の問題が発生。リブローの杖を回収しに行ったジュリアンが増援のアーマーナイトに囲まれるという事態が。火竜退治にモタついてたのが原因です。泣く泣くレスキューを使いました。あ、リブローの杖はちゃんと増やしましたよ(笑)。

第8章 ソウルフル・ブリッジ 7ターン
増援のジェネラルは確か3体倒しました。ユニットの配置をもうちょい考えていれば全部倒せましたね。

第9章 魔道の聖域 13ターン
一番苦労したマップ。アーチャー2人の移動が遅いのなんの。本当にギリッギリでアストリア隊に対する陣形が作れました。これでアストリア以外の勇者を全滅できたのは奇跡ですね。最後はキルソードで必殺の一撃が出せないと倒せないという賭けも。他にはシーフの杖を温存するために盗賊に宝箱を取らせるつもりだったんですが、盗賊は宝を1つしか取らなかったので結局シーフの杖を使う事に(泣)。

第10章 魔道士二人 15ターン
今回のプレイで最大の問題が発生。マリーシアの成長が悪く、武器レベルが上がっていないためにサイレスの杖が使えないという事態です。これにはどうするか物凄く悩んだんですが、緊急でマニュアルを使うにもサイレスが使えるのは次のターンという事になり、マリクとエルレーンを戦わせるのはあまりにも危険だという判断から泣く泣くレスキューを使う事にしました。他にもウェンデルにサイレスを使わせるという手もあったんですけど、それよりかはユミナに経験値をあげた方がずっとマシです(爆)。そしてシルバーカード。

第11章 アンリの道 34ターン
最初のターンで早速パオラとゴードンをクラスチェンジ。ゲーム中で初のクラスチェンジになります。このマップではとにかくライアンを移動させるのに苦労しました。1回の移動につき1歩しか進めないのでフィーナは付きっきりでしたね。飛竜はなるべくライアンに倒させたかったのでライアンのペースに合わせる事になって時間がかかりました。世界で1体のバーサーカーはエクスカリバーとオーラであっさりと。余談ですけど、バーサーカーって勇者とは微妙に違うんですね。財宝探しはジュリアンが頑張ってくれました。・・数を増やしながら(爆)。当初はココでドーピングをしてステータスマックスにするつもりだったんですが、後々つまらなくなりそうだったので止めました。

第12章 火竜の墓場 48ターン
増援は砦を少しずつ空けながらだったので時間がかかりました。このマップで誰がクラスチェンジしたのかはハッキリとは覚えていないんですけど、オグマようへい君(笑)あたりだったかな・・?この頃から平均的に育てるんじゃなくて重点的に育てた方が効率がいいと思うようになってきました。勿論、使っているユニットでの話ですよ。

第13章 氷の大地 25ターン
このマップではライアンがクラスチェンジしたような気がします。あとカチュアがこのマップか前のマップでクラスチェンジしたような・・。あんまり覚えてないです(汗)。ゴメンナサイ。マップ自体は楽でしたね。魔道士を育てるには最適。

第14章 明かされた謎 18ターン
最初の4体の氷竜退治がちょっと難しいですが、フィーナを上手く使ってマリクで撃破。残りの氷龍はチェイニー優先で。確かこのマップで大量クラスチェンジをした記憶があります。僕の記憶ではドーガ、ナバール、マリク、リンダがクラスチェンジしました。最後に魔竜石を買って終了。

第15章 王子の帰還 130ターン
この頃になると自分の軍が強いと感じるようになってきました。頑張ってレベル20まで上げた甲斐があったってもんです。エストは扉のカギを持たせたチキをワープさせて救出。増援は盗賊がエストとチェイニー、残りはほとんどチキで。それが終わったらお待ちかねの闘技場ターイム!!(イェイ!)ここでロディとマリーシアがクラスチェンジ。エストをレベル20にし、他のクラスチェンジ済のユニットを全員レベル8まで上げました。終了時の所持金は177900ゴールド。

第16章 王都奪回 15ターン
ああ・・・一番やってはいけない事をやってしまった・・・・・。チキを宝物庫にワープさせて盗賊から宝を守る作戦だったんですが、僕がボケていたためにチキに「マルスのおにいちゃん・・・」と言わせてしまった・・・。いや〜、疲れてたんですよ。自分の頭の中ではHPが1残るハズだったんですよ。あ〜、今考えてもあの時は相当疲れてたんだと。悔やんでも悔やみきれないですね。とりあえずチキに「マルスのおにいちゃん・・・」と言わせてしまい、唯一の1敗の称号を与えてしまった罪は重いです。チキちゃん本当にゴメン・・・。

第17章 グラの落日 26ターン
最初のターンでエストをクラスチェンジ。このマップではリザイアを持った盗賊をどう倒すかが一番の問題だったんですが、ワープの杖は使いたくなかったのでドラゴンナイトで倒す事に。海から行くと追い着けなかったため、アイオテの盾を持ったパオラで城内を通って追跡させました。

第18章 峠の戦い 17ターン
どうにかワープの杖を使わずに攻略する方法を色々と考えたんですが、このマップではオグマとナバールを出さないつもりである事、経験値の配分が偏ってしまう恐れがある事などを考えるとリスクが大きすぎるので、結局ワープを使うことにしました。増援のドラゴンナイトが意外と手強かったですね。盗賊はジュリアンとチェイニーにお任せ。他のユニットは全力で北上してロシェ以外のオレルアン騎士団を地獄へご招待。

第19章 最後の決戦 133ターン
パラディン隊を1ターンで倒すのと、星のオーブを持ち回す連携プレーを考えるのに、頭がショートするぐらい本気で頭を使って考えました。砦の増援ってパレス周囲の16マスに入らなければ出ないんですね。闘技場があるので増援を出す必要は無いかと思って結局出しませんでした。闘技場では全員レベル18まで上げ、ロディ、パオラ、カチュア、エストはこのマップで卒業なのでレベル20まで上げてドーピング。もう経験値なんてどうでもいいや状態だったので、ボスは最初で最後のトライアングルアタックで決めて制圧。今までありがとう。所持金は412160ゴールド。

第20章 暗黒皇帝 35ターン
ここのマップの目標はレスキューを使わずにミディアを救出する事です。最初は宝物庫からハーディンを倒してミディアを無事に救出したんですけど、そうすると南東の宝物庫に入れなくなっちゃうんですね。デビルソードは絶対に取っておきたい武器だったので、仕方なくここでリセット(泣)。今度は地竜経由でハーディンを倒しに行ったんですが、ハーディンとの会話の後は速攻でハーディンと周りの敵を倒さなければならず、運に頼るような場面もありました。何とかミディアを救出し、デビルソードも入手。

終章1 飛竜の谷 45ターン
最後の総仕上げ。全員レベル20にして武器を揃えてドーピング。全員がレベル20になった瞬間に増援を止めました。司祭以外の全員に傷薬と聖水を持たせたりも(笑)。魔除けはマルスに。ブーツはドーガに。

終章2 竜の祭壇 23ターン(12+7+4)
メンバー(と主要武器)はマルス(メリクルソード)、チェイニー(マスターソード)、シリウス(キルソード)、ミネルバ(レディソード)、オグマ(デビルソード)、ナバール(デビルソード)、ジュリアン(キルソード)、ドーガ(グラディウス)、フィーナ(レディソード)、チキ(魔竜石)、ゴードン(パルティア)、ライアン(キラーボウ)、マリク(エクスカリバー)、リンダ(オーラ)、マリーシア(リザイア)の計15名。
作戦は1つ。とにかく突撃する事。今まで武器を温存してきた分、ここで派手に使って暴れました。最強の軍団が本気を出すと本当に強いもので、ラストマップの敵なんか相手になりませんね。そういう意味では今までで一番楽なマップだったんじゃないかと(笑)。
最初のマップはジュリアンとマルスとリンダに宝箱関係の処理を任せて他は全員突撃。ダークマージが多いのでチキは魔竜に。ジュリアンが扉まで来るのに時間がかかったため、扉を開けるのが遅くなってしまいました。扉は2つ同時に開けて一気に突撃。ドゥラームの司祭でヒヤヒヤする場面がありましたが、ジュリアンが頑張ってくれたので大丈夫でした。
二番目のマップは本当に楽でしたね。両側をゴードンとライアンに任せて他は全員突撃。サイレスを使いつつ3ターン目で早くも移動力9のドーガがガーネフの目の前に一番乗り!(そういうゲームじゃないって・笑)ここまで来て気づいたんですが、ガーネフにサイレスは効かないんですね(核爆)。ま〜、そんな事はどうでもいいんです。それより問題だったのはサイレスを使うと杖も使えなくなってしまうのに気づくのが遅れた事ですね。このせいで宝箱の場所にワープさせるのがちょっと遅れたり。やろうと思えば5ターンぐらいで制圧できると思います。もっとやろうと思えば1ターンも可能ですけど、敵を全滅させられないので却下。それにしてもサイレスを使うと弱い者いじめになりますね、コレ・・(^^;)
最後のマップでの目標は1つ。マルスのみでメディウスを倒す事。さすがは光の王子、2回で倒してくれました。当然その前には4人の司祭を仲間にし、最後はアゲインの杖を使って陣形を作り(笑)、竜の祭壇を制圧。みなさんお疲れ様でした。

総ターン数 765ターン
所持金 472640ゴールド


次に、育てたキャラのドーピング前の最終ステータスと、各キャラについて一言です。

キャラユニットHP速さ幸運武器守備魔防魔防
上昇
マルスロード411820172017114+4
ドーガジェネラル4820202016202011+8
オグマ勇者522020202020205+2
ナバール勇者522020202020206+3
チェイニーコマンド301092018181214+4
ジュリアン盗賊352017202016133+3
フィーナ踊り子26181820202087+7
チキマムクート241010182011511+1
チキ魔竜4816101520111920+1
チキ神竜4820201520111411+1
ゴードンスナイパー392020202020169+6
ライアンスナイパー432020202020159+6
マリク司祭5220202020201515+8
リンダ司祭3919202020201015+8
マリーシア司祭3420192020201216+9
ロディナイト522020202020125+5
ロディパラディン5220202020201411+5
シリウスナイト43201220720126+6
シリウスパラディン432015207201412+6
パオラナイト472020192020165+5
パオラDナイト472020202020205+5
カチュアナイト522020202020137+7
カチュアDナイト522020202020177+7
エストナイト452020202020207+7
エストDナイト452020202020207+7
ミネルバナイト321814181220162+2
ミネルバDナイト322017201220202+2

マルス(41勝0敗)
もうちょっと頼りある王子になってほしいと・・(笑)。星のオーブのおかげでやっとここまで上がりましたって感じです。マルスはやる事が多いので、レベルは上げれる時に上げておきました。魔防が4上がったのはなかなかのもの。最初のレベルアップでいきなり上がった時はビックリしましたね。でも一応主人公なんだからもうちょい強くなってほしかったです。

ドーガ(83勝0敗)
個人的に一番褒めたいのはドーガですね。とにかく魔防+8は司祭を除けば全ユニット中一番の上昇になります。これは表彰モノでしょう。前半はイマイチだったんですが、後半はぐんぐんと成長してくれました。魔防は一時期ハマった時がありまして、ほぼ毎レベル上がっていましたね。あの上がり方には笑うしかなかったです(笑)。

オグマ(73勝0敗)
ようへい君(笑)は終始理想的に成長してくれました。クラスチェンジしてからは敵無し状態。オグナバ抜きでやったマップが2つあるんですが、やっぱりこの2人がいないとキツくなりますね。ただ、魔防の上がりが悪かったのが残念でした。

ナバール(70勝0敗)
守備の上がりが悪かったのでキャンサーで無理矢理上げ、魔防の上がりも悪かったのでバルゴとピスケスで無理矢理上げ・・られず(爆)。前半の成長はあまり良くなかったんですけど、後半の成長は良くて、レベル15あたりでオールステータスマックスに一番乗り。オグマとナバールは本当に競い合うように成長していたので、見ていて楽しかったです。魔防があと1欲しいところ。

チェイニー(28勝0敗)
魔防が10もあるユニットを使わない手はない!!・・って事で、2回目のプレイがしたかった大きな理由の1つに「チェイニーを育てる」というのがありました。でも現実はかなり厳しかったです。ここまで育てるのに苦労するとは・・(^^;)もうほとんど後半なのに初期値で力3技3は致命的ですよ(特に技)。そして苦労してレベルを上げたのに成長してくれないという・・。星のオーブが無ければ投げ出していたでしょうね。とりあえずマスターソードは必携でした(笑)。一番期待していただけに残念。もうちょっと頑張ってよチェイニー君!

ジュリアン(38勝0敗)
前回のプレイ後にジュリアンは成長がいいという事を知ったので、今回は絶対に育てようと思いました。実際かなり成長は良かったです。マルスとチェイニーもこのぐらい育ってほしいもんですね。

フィーナ(1勝0敗)
今回は積極的に戦闘にも参加させようと思ってたんですが、なかなかそうもいかず、それよりも踊りが必要な場面ばかりだったので、結局初めて戦闘に参加させたのはラストマップになってしまいました(汗)。毎ターン必ず踊らせてたので、中盤ぐらいでもうレベル20になってましたね(笑)。成長は非常に良く、HPと守備以外は素晴らしい成長っぷりです。特に魔防+7はかなり凄いんじゃないでしょうか。

チキ(40勝1敗)
とりあえずゴメンナサイ。
魔竜石は前回のプレイではかなり使ったんですが、今回は全然使いませんでした。ま〜、魔竜石を使っちゃうと守備が上がらなくなるっていう前回の反省点があったんですけどね。それでも守備は上がりませんでしたが・・(^^;)そんなんで守備と魔防が上がらなかったのが残念です。最終的に極めれば魔竜(何)。

ゴードン(79勝0敗)
アーチャーをレベル20まで上げるのは本当にキツかったです。でもスナイパーになると、そこまで頑張って育てた努力が報われるのを実感できましたね。ゴードンはとにかく力の成長が良かったので、ライアンよりかは育てやすかったです。魔防+6も特筆すべき事でしょう。後半はライアンに追い上げられましたが、なんとか兄の面目は保てたと思います。

ライアン(95勝0敗)
育てるのに物凄く苦労した分、最終ステータスは素晴らしいものになりました。砂漠のステージで移動するのにどれだけ苦労した事か・・。前半の成長が悪かったので早くスナイパーにしたくもなりましたが、後半の追い上げで見事兄に追い着き(追い越し?)ました。

マリク(69勝0敗)
平均的にぐんぐん成長してくれました。素晴らしい。前線に置いても問題なく戦えましたね。前回はなぜか魔道士系はあまり育てなかったんですが、なんでこんなに強い魔道士系を育てなかったのかが謎。やっぱり魔道士系は強いです。エクスカリバーはバーサーカーの時にしか使いませんでした。

リンダ(82勝0敗)
守備以外は成長が良かったです。問題の守備なんですが、ジェミニとキャンサーを組み合わせても上がらないほどの成長の悪さ。ま〜、力が上がらないよりかは遥かにマシですけどね。オーラを使ったのは2回だけ。

マリーシア(45勝0敗)
前半はあり得ないぐらい成長が最悪でした。あまり星のかけらを持たせなかったっていうのもありますが、それにしても異常に悪かったです。そのため10章で悲劇が・・。でも司祭にクラスチェンジして星のオーブを持たせてから急に成長が良くなりました。ハマーンの杖の呪い?(爆)

ロディ(99勝0敗)
守備以外の成長はかなり良かったです。魔防+5も優秀。終始順調に育ってくれたので逆にコメントしようが無いですね・・(^^;)

シリウス(39勝0敗)
かなり両極端な成長っぷりでした。前半は存在が大きかったんですけど、後半になるにつれて影が薄くなっていったのは仕方ない事でしょう。魔防がいつの間にか6も上がっているのに気づいた時はちょっとビックリ。

パオラ(76勝0敗)
終始「強い!」と言えました。中盤ではよく囮になって敵を引き寄せたりHPを削ったりしましたが、あまりにも強すぎるために役目以上の事をされてちょっと困ったりも(笑)。三姉妹は1人でも十分すぎるほど強いので、トライアングルアタックは全く必要が無かったです。魔防も上がってくれて言うことナシ。ちなみに僕がFEで一番好きなキャラだったりします。

カチュア(86勝0敗)
守備以外の成長が良く、ロディと似たような感じでしたね。魔防はドーガ同様にハマッた時期がありました。飛行系なので色々と活躍できて強かったです。

エスト(79勝0敗)
誰もが認める異常成長を今回も見せてくれました。毎レベル最低でも5項目は上がっていましたね。魔防もコンスタントに上がり、オグナバ以外でHPを除いたステータスマックスはエストのみが達成。

ミネルバ(28勝0敗)
シリウスの成長は両極端でしたが、ミネルバはどっちかっていうと平均的ですかね。シリウス同様、他の同じユニットと比べてステータスが低いのは仕方がない事です。HPがもうちょい欲しかったところ。欲を言えば魔防も。


長くなっちゃったので今日はここまでにしときます。ツカレタ・・・。

6/29(火)

ボンバーマンオンライン
約8か月ぶりの大幅アップデートがありました。
一番の変更は「ハイパーボム」が追加された事ですね。早速やったので感想を。
・ハイパーボールがある場所は結構バラけているようで。すぐに決着がつくっていうのは少なかったです。でも時間切れで引き分けになるのはほとんどありませんでした。
・プレイヤーが持っているハイパーボールの数が分かりづらかったです。相手がどれぐらい持っているかを知るには一度止まってじっくり見なければならなかったり、いつの間にか自分が3つ持っていたりと。
・チーム戦がなかなか難しかったです。ハイパーボールが2・2・1になった時にどうするかが考えどころですね。
・どっちかって言うと真ん中から始まった方が有利に感じました。
・やっぱり運の要素があります。
そんなところで。ロビーは「らりまー」と「あんばー」と「くりそこら」の3種類。ここまで来るとかなりマイナーな名前ですね・・(^^;)
僕はそこそこ楽しめましたが、もういいやって感じです(爆)。

あとはキャラが3体追加されました。
ハイパーボムですぐに爆弾の帝王になれたので、追加キャラを含めて今まで使った事がないキャラを試しました。ボンバーパイレーツ(Pirate)がなかなか可愛くてお気に入り(笑)。

その他の細かい変更点やハイパーボムのルールなどについてはオフィシャルサイトで。
ココも参考になると思います。
ちなみにパネルアタックもついでに初めてやったんですけど、1回で止めました(爆)。・・と言うのも、ルール上あまりバラマキが有効じゃないからです。僕の体はもう自然とバラマキをやってしまうので自然と勝てません・・(^^;)


今回のアップデートに伴い約3か月ぶりに復帰しましたが、その際にサードを作りました。

ゲームスタイル:シングルのみ
マップ:Roadのみ
愛用キャラ:クロボン
攻撃:守備=8:2(攻撃型)
バトルスタイル:(包囲型)バラマキ

目標
・負ける事
最重要。セカンドで一番ダメだったのが勝ちにこだわりすぎているために守備的になってしまう事でした。これは自分でも本当に許せなかったので、その心を叩き潰すべく、最初はなるべく大人数の部屋でやって勝率を下げるようにしようと思っています。

・止まらない事
上手い人は止まりません。そして絶え間なく爆弾を置き続けています。止まらなくちゃいけない時でも、最低限キーを入力し続けて停止アクションを出さないようにしたいですね。ルームを作るようになったら止まらない部屋とか作ろうと思ってます。

・上手い人と積極的に戦う事
セカンドでは結局できなかった事です。これは簡単そうで難しかったりもしますが、とりあえず「おぱーる」中心でやっていくつもりです。

とにかくセカンドの気持ちを全て捨ててやるつもりです。アイテムもセカンドの時は水玉ボムを取らなかったり火力を5までに抑えていたりしていたんですけど、それも全部捨てます。強くなるためには何もかも捨てます。気持ちはいつも「攻撃:守備=10:0」で。

そんな意気込みでやってみましたが、前よりもずっといい動きができました。やってて気付いたんですけど、僕のバラマキって火力が強い方が効果的なんですよね。セカンドでは絶対にやらなかった6人シングルで主にやっていますが、これが結構楽しいです。順調に負けも込むのでいい感じ。ちなみにニックネームはちょくちょく変えていく予定です。
今度こそは本気で強くなりたいですね。

日記の一番上へ

戻る