7月の日記

日記の一番下へ


7/5(月)

ファイアーエムブレム 紋章の謎
ちょっと間が空いてしまいましたが、前回の補足や気付いた事などを。

魔防
上げるのに一番苦労する要素。レベルアップの時に魔防が上がってくれると本当に嬉しいものです。この魔防をどこまで上げられるかがプレイヤーの腕の見せ所だと思いますね。
でも普通の状態だと魔防の成長率は全員3%らしいので、星のかけらと星のオーブの力を借りなくてはなりません。僕の場合、星のバルゴ・ピスケスと星のオーブは奪い合うようにしてレベルアップの際には必ず持たせてました。
やってて気付いたんですけど、魔防が上がる時は決まってレベルアップの際に必殺の一撃を出していなかった時でした。必殺の一撃を出してレベルアップした時に魔防が上がったっていうのはほとんど無かったと思います。だからオグナバの魔防が全然上がらなかったんだと思いますね。ただしドーガだけは例外で、ドーガは必殺の一撃を出して倒した時にのみ魔防が上がりました。これはあくまで仮説ですが、僕の場合はほぼ当てはまっていたので参考程度にどうぞ。

成長率
やっぱ成長率がいいキャラは使っていて気分がいいもんです。僕が使ったキャラの中で特に成長率が良かったのはエスト、フィーナ、マリク、ジュリアンあたりで、逆に成長率が悪かったのはチェイニー、(シスターの時の)マリーシア、マルスあたりですかね。レベルアップの時に必殺の一撃を出していない時の方が魔防を含めて成長率がいいように感じました。なのでレベルアップの時には必殺の一撃を出さない事を願ってたり。
ちなみに守備力は全体的に成長率が悪いようで、最高でも30%なんだとか。守備は力の次あたりに重視していたので、守備の成長がいいキャラは活躍していました。

闘技場
前回のプレイでは全然やらなかったんですが、今回はやりまくりました。いや〜、レベル上げと金儲けができるなんて、ここまでいい場所は無いですよ。
敵味方共に魔道士系がやりやすかったですね。味方だとほぼ1ターンで相手を倒せますし、敵でも同じ事が言えます。物理攻撃ではナイト系と、技と守備が高いキャラがやりやすかったです。特に傭兵・勇者はほとんどパターン化されていて、クリティカル率は20%なのに2回に1回は必殺の一撃を出していました。今思えばこのせいで魔防が上がらなかったのかと・・(^^;)普通は支援効果や大地のオーブなどでクリティカル率を上げてやりますが、僕は魔防を上げるためにあえてクリティカル率を低くしてやってました。
強いと思った敵はAナイト系、部族系で、弱いと思った敵は盗賊、魔道士系ってとこでしょうかね。竜族は問題外で(爆)。ナイトで盗賊率が90%ぐらいのを発見したので、それをひたすらやってました(笑)。闘技場最高!

キャラ
ちょっと余裕があったので闘技場がある19章でシーダを育てようと思ったんですけど、出陣ユニットに空きができなかったので断念しました。あと1ユニット出せれば育てられたんですけどね。何気にシーダを育てた事って今まで無かったりします。ついつい三姉妹の方に目が行っちゃうんですよ・・(^^;)
前回のプレイで育てていたジョルジュは今回は育てず。スナイパーはゴードンとライアンで十分でしたし、なんか成長率も悪いみたいなので。

その他
裏技でドーピングアイテムを無限にしましたが、結局その必要は無かったです。所持金でも十分足りたと思いますね。まさかここまで闘技場で稼げるとは思いもよらず(笑)。

反省点
闘技場で集中的にレベルを上げた方が良かったですね。この方が星のオーブなどをずっと持たせておけますし、回復もすぐにできるのでレベルを上げやすいです。星のオーブを持っているのといないのとでは結構な差があるので、19章で全員レベル20にしておけば良かったです。
あとは途中で気付いた事なんですが、平均的に育てるより集中的に育てた方がいいですね。僕はレベル20まで上げてからクラスチェンジをしたので、誰かがクラスチェンジをしていた方が良かったと思える場面がいくつかありました。特にアーチャーは砂漠の面で困るので、早めにレベル20にしてクラスチェンジしておいた方が良かったですね。


そんな感じで、魔防も予想以上に上がってくれて、全体的には満足のいくプレイができたと思います。

攻略サイト
データが充実していて非常に参考になりました。

7/11(日)

第1回 毒祭り

暴君ハバネロの帝王即位により(?)、最近は辛口のスナック菓子が増えてきています。そこで、その中でも特に辛いだろうと思われる物を実際に食べて評価してみました。友人のなうにも協力してもらったので、2人分の評価を今後の激辛生活に役立てて下さい(笑)。

デスレイン ケイジャン
辛さ  VALT(以下「V」):★☆☆☆☆ なう(以下「な」):★☆☆☆☆
味  V:★★★★☆ な:★★☆☆☆

まずは準備運動みたいな感じで、デスレインシリーズでハバネロの次に辛いケイジャンを食べてみました。が、ハッキリ言ってそんなに辛くはありません。もうちょい辛いと思っていただけに残念。味は油っこい感じですが、個人的には結構好きです。でもこの味は好みが分かれるでしょうね。

なう「あまり辛くありません。」


チョウカラ トム・ヤム・クン味
辛さ  V:★★★★☆ な:★★★☆☆
味  V:★☆☆☆☆ な:★★☆☆☆

これは意外。結構辛かったです。食べ始めはそうでもないんですが、口が辛くなっている時に食べると、舌に辛さが浸みるような感じでかなり辛いです。つまり口の状況によって辛さが変わるんですよ。暴君ハバネロなどを食べた後にコレを食べるとかなり辛く感じます。その時の辛さは★5にしてもいいほど。ただし味は酸味が強くてマズイです。辛さも考えると1パックを食べるにはそれなりの覚悟が必要かと・・(^^;)あとはパッケージにある「辛さレベル」について色々ツッコミを入れたいところですが、今後「ムリカラ」や他の辛さが出る事を期待しているので止めときます(笑)。

なう「地味に来る辛さです。舌が辛い!」


激辛カラムーチョ
辛さ  V:★★★☆☆ な:★★☆☆☆
味  V:★★☆☆☆ な:★☆☆☆☆

普通のカラムーチョの8倍の辛さだそうで。以前食べた時に、どこまで飲み物を飲まずに食べ続けられるかを試したんですけど、半分ぐらい食べたところでギブアップ。確かにコイケヤ必死だ・・(笑)。でも今日食べたのはその時のよりも辛くなかったような・・?もう既に舌がおかしくなっていたのかもしれませんけどね(汗)。辛さは暴君といい勝負ですが、味は暴君の方が上です。

なう「辛いと言うよりマズイ・・・。」


暴君ハバネロ
辛さ  V:★★★☆☆ な:★★★★☆
味  V:★★★☆☆ な:★★★★★

今や大活躍となっている暴君です。辛さはさっきも書いた通り激辛カラムーチョといい勝負なんですが、どっちかって言うと暴君の方が辛く感じました。味はポテトの味がしっかりとしていてウマイです。まさに「ウマ辛」そのもの。

なう「辛い味付けをしつつ美味しいのはいい感じです。」


デスレイン ハバネロ
辛さ  V:★★★★☆ な:★★☆☆☆
味  V:★★★☆☆ な:★★☆☆☆

ラスボスです。舌が焼けるような強烈な辛さ・・のはずだったんですが、今日食べたのはそこまで辛くはありませんでした。輸入品なだけに当たり外れが大きいんですかね。もしかしたらケイジャンもハズレだったのかもしれません。ケイジャン同様、油っこいポテチです。
だんだん有名になってきたせいか、最近はデスレイン・ハバネロを結構見かけるようになってきました。今回買った場所はロフトだったんですが、デスレインシリーズが見事に全部揃っていましたよ。他にはゲームショップで山積みになっているのを見た時はビビりましたね(しかもその店で売っている食べ物はコレだけ・核爆)。ナゼ・・?(笑)

なう「ケイジャンよりほんの少し辛くなっただけだと思います。」


(番外編)ペプシブルー
色が毒々しくていいですね。僕は炭酸が苦手なのでコーラは全然飲まないんですけど、この色を見ては飲まずにはいられません(笑)。味は普通のコーラより後味がスッキリするような感じってトコでしょうか。飲み物にするより部屋のオブジェにしたいです(笑)。


(某番組風に)第1回毒祭り、いかがだったでしょうか。どれも今後の激辛生活に役立つようなものばかりでしたね。でも食べた後は腹がムカムカするので注意しましょう(爆)。

参考:逆襲の激辛カラムーチョ(毒電波喫茶館)

第2回は未定です(笑)。

7/16(金)

キーマニ
今更ですが、かなり楽しいです。やっている人がほとんどいないので、ついつい手を出しちゃいますね。
シングルは御三家(Presto,Carezza,The Least 100sec.)以外は全部クリアしました。この御三家だけはレベルが違いすぎて全くできる気がしないんですが・・(^^;)なので個人的にはもう満足の領域に入っていますね。ちなみに僕は2P側でプレイします。
それよりも最近はダブルにハマっています。・・と言っても48鍵じゃなくて(笑)、片側をオートプレイにしてやっています。譜面のタイプは大きく分けて3種類あって、
タイプA:1P側が新しい譜面で2P側がシングルの譜面
タイプB:1P側がシングルの譜面で2P側が新しい譜面
タイプC:シングルの譜面が2つに分かれる
この3つに分けられますが、ほとんどがタイプAの譜面になっています。そのためダブルをやる時は1P側でやるのがオススメ。ダブル用の新しい譜面はほとんどがシングルの譜面よりも簡単になっています。ボーダーラインも50%にまで下がっているので、2P側ではシングルのできない曲を練習するのもいいですね。ただ、Prestoなど一部の曲とANOTHER譜面がダブルではプレイできなくなっています。ではオススメの曲などを。

(FIGHT)Sabre Dance:A(譜面のタイプ)
ダブルはこの曲無くして語れない!これぞまさにANOTHER譜面。トータルノーツ700以上のビックリするような譜面はやってからのお楽しみ。苦情は受け付けません(爆)。

(CLASSIC MEDLEY)CLASSIC PARTY 3:B
タイプBの代表曲。ゼヒ2P側でやりましょう。シングルとは別のパートをやらされます。やっていると途中で3回ほど1P側が青く染まります(笑)。

(CATHEDRAL)Henry Henry:C
タイプCはこの曲しか無いような・・?(汗)どっちかって言うと1P側の方が楽です。始まってしばらくの間は何もやる事が無いので(笑)。

(NOBLE)Qのためのソナタ:A
ダブルで一番やってて楽しいのはこの曲ですかね。特に2P側を追っかける部分が楽しいです。これもかなりANOTHERな感じの譜面で、1P側では最初に変な塊が降ってくるので注意しましょう。

(PROGRESSIVE)The Least 100sec.:A
1P側と2P側であまりにも難易度が違いすぎる曲です。1P側はLIGHT+ぐらいのレベルの譜面ですが、2P側はシングルの譜面そのまんま。1P側で2P側のキレイなオートプレイを堪能するもヨシ、2P側で100秒の恐怖を体験するもヨシ(笑)。48鍵でこの曲をクリアできる人ってこの世にいるんでしょうか・・(^^;)


48鍵は数プレイで挫折しました(爆)。ムズイってもんじゃないって・・・。

7/18(日)

BO
とりあえずBASIC解除です。
サードを使ってからセカンドの時よりかはレベルアップしましたが、まだまだ攻めが甘いです。毎回バラマキをやっていますが、どっちかって言うと攻めているよりは逃げている感じのような気がしますね。攻めるバラマキっていうのが今後の課題です。
やってて気付いたんですけど、相手によって自分のスタイルが変わりますね。攻める人とやっていると自分も攻めますし、いわゆるチキンとやっていると自分もそれに近くなっちゃいます。攻める人と言ってもパンチやグローブばっかり使ってくる人とはやりづらいです。自分が一番動けている時や楽しい時っていうのは、やっぱりバラマキをしてくる人なんですよね。

最後に、戦って印象に残った人を。
ldjfosaengo
強いと思える人は何人かいましたが、この人は明らかにレベルが違いました。とにかく1個1個の爆弾の爆発時間をかなり正確に把握しています。攻撃も多彩で、キレイなバラマキも見せてくれました。トータルで見て強いと言える人です。僕が今まで戦った人の中でもトップクラスの実力かと。点数的にセカンドなんですが、ファーストの名前が気になるところですね。もう1回戦いたくて探しているんですけど、なかなか現れてくれません。ちなみに戦った場所が「とぱーず」だったのがこれまたビックリ。ま〜、深夜ですから。

闇Ψ平和
細かいバラマキをしてきます。攻撃的で上手いバラマキ。僕はまだ大雑把なバラマキしかできないので、こういう細かいバラマキができるようになりたいんですよね〜。

7/23(金)

第2回 毒祭り
なんと早くも第2回です。前回が大好評だったもんで(嘘)。今回はいくつかの飲み物の評価もしました。今後の毒生活に役立てて下さい。

ベビースターラーメン 激辛キムチ
辛さ ★★★☆☆
味 ★★★★☆

まずは激辛カラムーチョより辛いと評価されていたベビースターラーメン激辛キムチから。確かにニンニクの臭いと味が強烈ですが、程良い辛さでウマイです。個人的には激辛カラムーチョの方がやや辛いように感じました。ベビースターラーメンが好きな人はどうぞ。


カライ〜カ 一味唐辛子味
辛さ ☆☆☆☆☆
味 ★★★★★

全然辛くないです。問題外。本当に一味唐辛子がかかっているのかと思うぐらいですね。でもその代わり(?)味は最高です。イカフライ好きにはたまらないでしょう。


ハバネロ×いかフライ
辛さ ★★☆☆☆
味 ★★★★☆

ローソンのハバネロコーナーで買いました。合食という良く分からないメーカーが作っています。評価なんですけど、ハバネロを使っているにもかかわらずあまり辛くありません。味はなかなか美味しいですが、イカのクセのある味なのでカライ〜カには負けますね。


ハバネロスティック サルサソース仕立て
辛さ ★★★☆☆
味 ★☆☆☆☆

普通に辛いです。だんだん辛さが増していく感じですね。味はピザの生地みたいな味です。プリッツが好きな人にはいいかもしれません。僕はあまり好きじゃないですが・・。


mobi ハバネロの種
辛さ ★★★★★
味 ★★☆☆☆

これは辛い!!今回食べた中では明らかにレベルが違いました。文句無しの★5レベルです。見た目は全然辛そうに見えないので侮っていたんですが、4分の1ぐらい食べたところでギブアップ。激辛ブーム先駆者の東ハトがついに本気を出したか!?東ハトも相当必死だ(笑)。僕が思うにこの辛さの秘密は柿の種をベースにしているからじゃないでしょうか。他の商品はポテトやコーンやイカ(笑)をベースにしていて、それ自体は辛くないですが、柿の種は元々辛いのでそれに更に辛さが加わってこの辛さになったんじゃないでしょうかね。★5は滅多な事がない限りつけないつもりでしたが、これは自信を持って★5の評価をします。辛党なら食らって当然!(パッケージより)


チョコバナナ オ・レ
毒 ★★★☆☆
味 ★★★☆☆

スナック菓子は激辛ブームですけど、飲み物は「オ・レ」ブームです。ここで紹介している2つのオ・レの他にも「マンゴープリン オ・レ」や「アイスキャンデー オ・レ」などもアリ。飲料コーナーに行けば多いのが分かると思います。
さてさて、チョコバナナ オ・レですが、ほぼそのまんまで甘〜いです。辛さを消すのにかなり役立ちました。でも普段はあまり飲みたくないですね。特にこの時期は・・(^^;)


クリームソーダ オ・レ
毒 ★★☆☆☆
味 ★★★★☆

ネット上では酷い評価が多かったので覚悟して飲んだんですが、別にマズくはないんですけど、コレ。むしろウマイと言えるぐらい。この味なら僕は普通に全部飲めますね。僕が炭酸嫌いなせいもあるかもしれませんが、少なくともマズイとは全然思わなかったです。


な!なんじゃこりゃ!?グレープ色なのにスウィーティ味だ。あ゛〜ぐやぢぃ〜(>_<)な〜んちゃってスウィーティ
毒 ★★★☆☆
味 ★★☆☆☆

これでも商品名です(笑)。とりあえず名前が毒ですね(爆)。スウィーティ味っていうと頭ではなんとなく分かりつつも良く分からない味だったりしますが、実際これも良く分からない味です(爆)。なんだか飲んでいるうちにグレープ味のようにも感じてきたんですけど・・(^^;)味も名前もネーミングセンスも「よくわからないや!」(byよしお)。
ちなみに前のモデルの商品名は「なんだこれ?オレンジ色なのにグレープ味だ。あーだまされた(>o<)な〜んちゃってグレープ」と言います(核爆)。メーカーはライフガードでお馴染みのチェリオ。個人的には好きな会社だったりするんですけどね。次回作を期待しとります(笑)。


今回は「チョウカラ グリーンカレー味」も食べようと思ったんですけど、あまりにも不人気だったせいかセブンイレブンでは既に撤去されていて買えませんでした(泣)。ま〜、かなり酷い味でしたからね〜・・(^^;)ちなみに「ハバネロ×いかフライ」の所でも書きましたが、今ローソンではハバネロコーナーがあって、ハバネロ焼そばやハバネロスープなどが置いてあります。期間数量限定だそうなので、食べてみたいという人は早めにどうぞ。詳しくはコチラ
・・ってなワケで第2回毒祭りも終了。前回以上に腹がヤバくなりました(爆)。

参考:逆襲の激辛カラムーチョ(毒電波喫茶館)
一応。「毒写真貼付板」がなかなかオモロイ。

第3回は知らん!(核爆)

日記の一番上へ

戻る