×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2008 4/8(火)
車購入!

本日、人生初のマイカーが納車されました!

実は僕は昔からかなりの車好きで、車を持つ事は僕の夢でもありました。
その夢がついに今日叶ったというワケです。

さて、買ったのはトヨタの「カレン」(CURREN)という車です。
え〜、ハッキリ言ってマイナーな車ですね(笑)。車好きじゃないと知らないでしょう。トヨタの「セリカ」ぐらいは聞いた事があるんじゃないかと思いますが、カレンはセリカの姉妹車なんです。
グレードは「TRD Sports」というやつです。これは限定生産モデルで、最上級グレードである「ZS」にエアロパーツなどを装着したものになります。つまり、カレンの中で一番高いモデルになるという事ですね。
マイナー車の限定モデルという事で、つまりメチャクチャマニアックな車を買ったという事です(笑)。車好きの人でも、カレンは知っててもTRDスポーツについては知らない人がほとんどだと思われます。

なぜこの車にしたかというと…
・不人気車なので、相場がかなり安い
・クーペが好き
・カレン(TRD)のエクステリア(外見)に惚れた
・ユーザーの評判がいい
・あまり見かけない
…などが主な理由ですかね。
やっぱり一番上の「安い」というのがデカイです。中古のカレンの平均相場は30万程度!!車の性能自体は全然問題ないのに(むしろ優秀)、不人気という理由だけでその価格なんです。これは買うしかないかと(笑)。
んで、最初はZSを考えていたんですが、TRDを見ている内に魅了されてしまいました。僕は無類のリアスポ好きなので(某番組の吉田栄作風・笑)、あのTRDのリアスポにやられました。

では、なぜ今買ったのかと言うと、さっきも書いた通りTRDスポーツは限定生産モデルで、当時は300台限定で売り出されました。ただでさえ少ないのに、販売から12〜3年も経っているんですから、その数は非常に少なくなっています。僕は数年前から既にTRDを買おうと決めており(爆)、よくネットで中古車を調べていたんですが、TRDを見かけたのはほんの数台です。見かけても条件が悪かったり、そうでなければ一瞬で売れたりするのがほとんどだったんですけど、ついに納得のいくTRDが現れました!本当は車はしっかりと就職してから買いたかったんですが、この機を逃すとあと数年は車が買えなくなると思ったので、思い切って購入に踏み切った…ってな感じです。

幸いにも中古車店はすぐ近くだったので(コレも購入理由の1つ)、とりあえず実際に見に行く事にしました。唯一の欠点が、走行が12万kmもあるという事だったんですけど、そこは我慢する事にして、熟考の末に「買います」と言い、その日の内に軽く契約書を書きました。

…と、ここまでなら別に何ともないんですが、この後信じられないドラマが待っていようとはっ…!

後日、自分の契約したカレンはネットから消えたのかどうかを確かめるために何気なくカレンを検索していたら、何と新たに別のTRDがアップされているではありませんか!!元々TRDは僕のを含めて2台アップされており、これだけでも十分凄いんですが、一度に3台ものTRDがネットにアップされたのは、数年間TRDを追い続けていた僕にとっても初めての事でした。しかも、その新しくアップされたTRDは、僕が買おうとしているのよりも明らかにいい車!まさに奇跡の光景としか言いようがないです!!

その翌日、早くも神奈川にある中古車店へと向かいました。
唯一気になる点は、修復歴があるという事です。つまり事故車という事ですね。その事について店員に聞いたところ、かなり昔の傷なので普通に走るには問題ないとの事。修復箇所はエンジンルームの下の部分で、正面からではなく溝か何かにハマってできた傷だそうです。実車を見ても問題なさそうでした。
実車を見た後は試乗をしたりして、問題はないかどうかチェックしましたが、大丈夫そうだったので即決しました。…となると、前の所をキャンセルしなければいけなくなり、その場でキャンセルする事に。ただ、契約書を書いてしまったので、キャンセル料が発生してしまいました(汗)。とはいえ、そのあたりは店側が配慮してくれて、その分は割引くという形になりました。

ただ、後で調べて分かったんですが、僕が車を買う事になった「リバーサイド」という中古車店は非常に評判が悪いです。でも、このTRDを見逃すワケにはいかないので、納車前にもう一度見に行って、今度は自分自身で隅々までチェックする事にしました。現状販売の保証なしだったので尚更ですね。店側の方にも今度また見に行くと言ってハッパがけ。
二度目の訪問では、あらゆる場所の動作を徹底的にチェック。契約時に決めたバッテリー交換がまだだったので指摘。とにかく不良品を渡されないように、強気な姿勢でいきました。ついでに任意保険の契約も。僕はもともと保険というものが大嫌いなんですけど、さすがに車だけは入らざるをえないと思うので、必要最低限のプランにしました。店員の提示したプランの中での最低金額のやつを、更に安くしたりして(爆)。

色々な手続きを済ませ、ついに納車となりました。
詳細スペックは以下の通りです。

形式:E-ST206
年式:平成8年6月
走行距離:64000km
排気量:2000cc
駆動方式:FF
ミッション:5MT
ボディーカラー:ブラック
車検:平成21年8月
主な装備:DVDナビTV、CD/MDチェンジャー、ETC、ABS

車両本体価格:350000円
支払総額:509500円

とりあえずマニュアルでブラックというのは絶対に外せない条件でした。ちなみにTRDのカラーはブラックとシルバーの2種類しかありません。あとは改造が全くされておらず、全てトヨタ純正パーツであるというのもポイント。ただでさえいい条件が揃っているのに、更にDVDナビTVまで付いているのは大きすぎます。気に入らないのは修復歴だけですね。
今まで何台かTRDを見てきましたが、その中でも最高の車だと思います。

納車後、色々とこの車について調べましたが、どうやら僕は3人目のオーナーになるようです。前のオーナーは定期点検をディーラーでしっかりと受けており、本当に大切に乗っていたんだと思われます。

僕にとっては人生最高額の買い物になりましたが、ここまでの極上品に出会えたんですから、今のところ後悔は全くしていません。
とりあえずは運転の技術を磨きつつ、大切に乗っていこうと思っています。


参考:カレン カタログ(CarSensor.net)

2008 5/1(木)
車話

だいぶ運転にも慣れてきました。一度ぶつけて軽くヘコませたりもしましたが…(爆)。

さて、今日は僕が将来乗りたいと思っている車でも書こうかと。
★の数は乗りたい度を表しています。


国産車
トヨタ

MR-S ★★★☆☆
オープン&ミッドシップという点で。新車200万でこの2つが楽しめるのは、この車しかないでしょう。
意外と見かける車ですね。普通にカッコイイ!

ソアラ ★★☆☆☆
昔から好きな車です。惚れ惚れするぐらいの美しさ。中期型も後期型も両方好きです。


ホンダ

NSX ★★★★★
言わずと知れたスーパーカー。国産車の中で「スーパーカー」と言えるのは、この車だけじゃないでしょうか。クーペの中で唯一世界と肩を並べられる車ですね。
個人的に世界一カッコイイ車であり、永遠の憧れであり、クーペの最終目標になっています。
新車で1000万は、性能を考えると十分に安いと思いますね。ポルシェやフェラーリを買うなら、NSXを買うって感じです。
夢の車ですが、いつかオーナーになってみたいですね。


三菱

GTO ★★★☆☆
クソ重い車重、クソデカいパワー&トルク、クソ悪い燃費。どれを取っても最高です(爆)。バカにしてるのではなく、純粋に好きな車です。こういうアメ車的な所が良い。極太トルクは有名ですが、あまりにもトルクがあるので3速発進ができるとか何とか(笑)。
よく比較されるのがスープラとフェアレディZとRX-7ですが、その中ではダントツで好きですね。
こういう車にも乗ってみたいって事で。

ランサーエボリューション ★★★★☆
様々なチューンが施されているので、メッチャクチャ性能がいい車。こんな車に乗れるなんて、日本車はやっぱり凄いと思いますね。
ライバルのインプレッサの方が若干性能は上ですが、個人的にはランエボの方が好きです。


マツダ

RX-8 ★★★★★
何といってもロータリーエンジン!!それに尽きます。
日本人で良かったと思える車ではないかと。マツダはエライ!
デザインも最高。絶対に買います。

アテンザ(スポーツ) ★★☆☆☆
最近のマツダは本当に良い車を作っていると思います。このスポーティーさがイイ!


ダイハツ

コペン ★☆☆☆☆
軽の中で唯一乗ってみたいと思っている車です。
ある意味非常に贅沢な車と言えるでしょう。
買うとしたらセカンドカーですかね。


外車
クライスラー ビジョン ★☆☆☆☆
超超超マイナー車。ほんの数回しか見かけた事がありません。
バカデカいセダンですが、性能は良く、装備も充実しており、昔から大好きな車でした。
買おうと思っても、その時にはもう絶滅している可能性大(爆)。

メルセデス・ベンツ Sクラス ★★★★★
セダンの中では世界最高の車だと思います。常に一歩先を行き、世界の車をリードしている、というイメージがありますね。
僕の中でNSXと並ぶ憧れの車であり、セダンの最終目標でもあります。

ヒュンダイ ヒュンダイクーペ ★☆☆☆☆
何気に気になる車。


…と、こんな感じですかね。
見ての通り、クーペ(オープン)とセダンしかありません(笑)。
今流行のミニバンやコンパクトカーには全く興味がないからです。
つまり「実用性<楽しさ」ですね。そういう考えなもんで、こういう事になってます。
ここに書いた車に、少しでも多く乗れればいいな〜と思ってます。

2008 8/16(土)
河口湖自動車博物館

今日は8月にだけオープンしている河口湖自動車博物館に行ってきました。
博物館自体は小さいですが、展示している車は凄いです。
有名どころはフェラーリF40、F50、ランボルギーニカウンタックあたりでしょうか。個人的には何といっても「チゼータ」が最大の目当てでした。
チゼータはスーパーカーの本場イタリアの車です。デザインはカウンタックを手がけたガンディーニ!、エンジンはV8気筒を2つ合わせた前代未聞のV16気筒エンジン!!そして値段は8800万円!!!…と、まさに夢の車と呼ぶに相応しい車なのです。
しかし、会社が3年で倒産し、わずか十数台が生産されただけでした。日本にはその内の2台が輸入されたと言われていますが、この前奇跡的にカーセンサーで見かけたり(4000万円ぐらい)、現在は受注生産を行っているようなので、実際はもう少し多いのかもしれません。
いずれにせよ、超希少なチゼータを拝めた事が何よりも嬉しかったですね。
入館料は1000円と高めですが、車好きなら絶対に行って損はないと思います。

河口湖自動車博物館
チゼータ(Wikipedia)


戻る