×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2002 12/3(火)

今日は大学にDJの赤坂泰彦さんが来て講演会をやってくれました。「赤坂泰彦のミリオンナイツ」のリスナーの1人だった僕にとっては嬉しかったですね。

講演の内容はメディアコミュニケーションが中心でした。例えば日常会話で同じ内容を言うにしても、
「お前もっと頑張らなきゃ。ダメじゃん、それじゃあ。」・・って言うのと、
「お前もっと頑張らなきゃ。俺お前に期待してんだから。」・・って言うのの違い。
一見同じように見えますけど、相手に与える影響は明らかに違いますよね。どっちがいいかは別として、DJはこのような言葉の選択ができないとダメだと言ってました。さすが言葉のプロだなって感じです。普段こんな高度な言葉の選択は意識しないですよね。

他にもいろいろ楽しい話をしてくれて、1時間の講演時間はアッと言う間でした。そう言えば「うさん臭いポップス」なんてコーナーがあったな〜(笑)・・とか当時の記憶が少し蘇りましたね。講演中はミリオンナイツのリスナーに戻れたような気がします。

2003 11/21(金)

今日は大学に笑点でお馴染みの三遊亭小遊三が来て講演会をしてくれました。
小遊三は僕の大学のOBだそうで。あの星野監督もOBだという事は知っていたんですが、なんと小遊三と同級生だと聞いてビックリしました。

講演会の内容は主に自分の生い立ちでした。随所に笑いを入れる所はさすが落語家って感じですね。東京オリンピックの聖火ランナーをやったっていうのには驚いたんですが、それに関するエピソードによると全くの運だったとか。肝心の、なぜ落語家になったのかという事についても話してくれました。まず、小学校6年の時に学校の発表会で初めて落語をやったところ、先生に大絶賛されたそうです。そして大学の就職活動の時、友人に何になりたいのかと聞かれた時に冗談半分で落語家になりたいと言ったそうです。するとその噂はたちまち広がり、後には引けないような状況になってしまったんだとか(笑)。多少誇張されている部分もあるかもしれませんが、小学生で既に落語を一席やってしまうとは、昔からかなりの才能があったのかもしれませんね。

最後に質疑応答があって、約1時間半の講演会は終わりました。
色々と面白い話が聞けて楽しかったです。

2003 3/19(水)

今日はガイダンスのため約1か月半ぶりに学校に行く事になり、大宮から高崎線に乗りました。途中浦和で席が空いたので座ったら、なんと僕の向かいの1つ右の席に、料理界で有名なあの服部幸應先生が座っているじゃあ〜りませんか!!!一瞬目を疑いましたが、自分が理事長である服部栄養専門学校の紙袋を持ってたし、顔がそのまんまだったので間違い無いと思います(笑)。僕はこんなに間近(2mぐらい)で有名人を見るのは初めてだったので結構緊張してましたが、車内は意外と落ちついていて別に話しかける人とかはいませんでした。ま〜、服部先生は1人のオッサンとして周囲に溶け込んでましたからね(笑)。服部先生は赤羽で降りました。もし僕が座らずにずっと立っていたら恐らく服部先生に気付かなかったでしょう(背中を向けていたから)。また、急げば間に合った1本前のに乗ったら当然見れなかったし、乗る場所が少しでもズレていたら気付かなかっただろうし、偶然ってスゴイな〜と改めて実感しました。
何気に服部先生のプロフィールを見ると結構凄い人物である事が分かったりします。
何はともあれ、貴重な体験をした1日でした。


戻る