×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2002 4/12(金)

今日は昼食に「ジャンボカレー」というものを食べました!
その名の通り大きくて、運ばれて来た時は想像以上の大きさに少々ビビッたり・・(^^;) ライスの量は7、800gぐらいはあると思われますが、それで500円とはっ!! とりあえず食べる事に。
・・・・・・・・・・・。
結論から言うと、物凄くマズイです。ライスはいいとして、このルーはなんじゃあぁぁぁ!! 多分、僕が今まで食べてきたカレーの中で一番マズイかと。途中、何度食べるのを止めようとした事か・・(^^;;;)普段、味にはあんまりこだわらない僕だけど、これはあまりにも酷すぎる。 店の食べ物で「マズイ」って感じたのは、なか卯の牛丼以来かな(笑)。 マズさと量の多さに苦しみながらもなんとかギリギリ完食できましたが、もう2度と食いたくないです、こんなの。もしそれでも「食べたいっ!」っていうツワモノがいましたら僕まで。
ちなみに、残してしまうと100gにつき100円かかってしまうので注意っ!

2002 12/11(水)

昼食はROUND1に行く途中にある「シュンドル ボン」というインド料理の店に行きました。僕はカレーが好きなので以前から行こうと思ってたんですよ。
ランチタイムって事でちょっとお得になってるチキンカレー(800円)を注文しました。ライスとナンから選べるんですが、ナンの食べ方はよく分からなかったのでライスで注文。なんかランチタイムは甘口になるみたいなんですけど、チキンカレーと言えば辛いカレー。結構辛いんだろうな〜・・と思って食べてみたら本当に甘口でした。骨付きの鶏肉が1本丸ごと入っており、それは非常にやわらかくて口の中でとろけるようでした。ルーも非常にコクがあり、素直に「おいしい」の一言です。サラダとドリンクが付いて(ランチタイムのみ)この値段は安いですね。ビックリしたのはビーフカレー(1200円ぐらい)があった事。い・・いいんでしょうか・・(^^;;;)今度行った時はビーフカレーを頼んでみようと思ってます。
ちなみにここの店の店員は全員インド人(正確にはバングラデシュらしい)で、接客の時は当然日本語ですが、店員同士で話をする時は現地の言葉を使ってました。日本にいながらインドの雰囲気がちょっぴり味わえるこの店、興味がある人はゼヒ!

天竺市場 シュルドルボン(本当はシュドルボン)
店の紹介と店の場所が載っている地図があります。

えみママのおすすめランチスポット
ランチメニューが紹介されています。ここはナンが非常においしいみたいですね。今度はナンで食べてみよっと。

攻めの蕨
とりあえずボンカレーに爆笑。

2003 8/10(日)

今日久々に「かっぱ寿司」に行ったんですが、なんとあのコンビーフ寿司に出会う事ができました!!
めちゃイケを見てる人なら分かると思うんですが(僕は毎週見てます)、コンビーフ寿司はナイナイの矢部が「やべっち寿司」で開発した新メニューです。そのコンビーフ寿司が最近かっぱ寿司に出てるらしいという事は知ってましたが、本当にあるとは・・(笑)。僕は真っ先にコンビーフ寿司を手に取って食べました!コンビーフを食べるのなんて8年ぶりぐらいですかね。上に乗っているマヨネーズがアクセントになって、普通においしかったですよ〜!
しっかし、しばらく来ないうちに色々メニューが増えてるな〜・・(^^;)鮭トロとかイカ天とかはいいとして、塩カルビとかテリヤキチキンとかは寿司と言えるのかどうか・・(コンビーフも一応・笑)。ま〜、おいしければいいんですけどね。<オイ

2004 1/29(木)

今日はずっと食べようと思っていたモスバーガーの「匠味」をついに食べました!
午後2時という中途半端な時間からの販売なのでなかなか食べる機会が無かったんですが、どうしても一度食べてみたかったので昼食の時間をずらして食べに行きました。
普通のにするかチーズにするか迷ったんですけど、どうせなら一番高いのを食べようと思って匠味チーズのオニポテセットを注文。大きいので2つに分けますかと聞かれたので、そこまで大きいのかと思いつつ分けてもらうように頼みました。
席についてしばらくしたらテーブルクロスが敷かれてビックリ。いつもみたいにトレーじゃないのね・・。ちょっぴりリッチな気分に(笑)。その時大きな紙を2枚渡されたんですが、最初それは手を拭く紙なのかな〜・・と思ってました。でもそれにしては大きすぎるとか思いつつも、その時は手を拭く紙として見てたんですが、実は匠味を入れる袋だったんです。それに気付いたのは半分食べ終わった時でした(汗)。他には作った人の名前が書かれたカードと飲み物とお手拭きが運ばれてきました。
その後、思ったよりも早く匠味とオニポテが運ばれてきました。広告には10分以上かかるって書いてありますけど、10分もかからなかった気がします。匠味は普通のバーガーの1.5倍ぐらいありました。特に厚みがありましたね。注文通り2つに分かれてたんですが、中身が崩れないように串が刺さってました。でもそのせいで見た目が・・(^^;)
さて、どのように食べようかと考えたワケですが、まさか串を持ってバーベキューみたいに食べるハズはないよな〜・・とか思い(でも実際そうやって食べた人は絶対いると思います・笑)、とりあえず串を抜いて手掴みで半分食べる事に(爆)。
ウ・・ウマイ・・なんて思っている余裕なんてなかったです。中身がポロポロ落ちてきたので、負けるか〜!!と中身が落ちる前に必死に食べてました(核爆)。結局全然味わえずに半分完食。何とも悲惨な食べ方でしたね・・(爆汗)。
当然、この食べ方は違う!と思ったので(笑)、さっきの紙に目が行ったワケです。でもその紙が袋になっている事に気付くのにちょっと時間がかかったりもしましたが・・(^^;)串を持って残りの半分を袋の中に入れると、今度は大正解。スッポリ収まりました。
おかげで今度こそゆっくり味わって食べれました。味は醤油ベースの薄味で、とにかく肉の味を引き立たせるような作りになってましたね。正に書いてある通りです。なので、ケチャップとかの色々な味が混ざったハンバーガーを食べているって言うよりは、肉そのものを食べているって感じでした。他の野菜やチーズの味はほとんど気にならなかったです。
そんなんで味に関しては「ウマイ」と言うしかないんですけど、これで580円・640円はちょっと高いかな〜・・っていうのが正直なところですね。特にチーズで60円の差は・・。あとはタマネギがもうちょい柔らかければ文句ナシです。

この失敗例(?)を参考にして、食べてみたい人やお金に余裕がある人などはどうぞ。
僕はしばらくはムリでしょう・・(^^;)

2005 2/18(金)

今日は友人なうと築地に行って色々食べてきました。
まずは築地市場内の飲食店をザッと見学。築地って言うと「寿司」というイメージが強いですが、寿司以外にも色々な飲食店があるんです。昼前にもかかわらず行列ができている有名店の「大和寿司」と「寿司大」を見つつ、どの店に入ろうか決めていました。

築地に来たからにはやっぱり寿司が食べたい!って事で、まずは10号棟の「すしまる」に入りました。ここは飲食店街の中でも一番奥にあるので、人が比較的少なくて穴場的存在の店です。それでいて味も有名店に負けないとの情報があったので、ここに決めました。
店に入る前、何やらテレビの取材があったようで店内に入りづらかったんですけど、丁度終わったところだったようで大丈夫でした。もうちょっと早ければ、もしかしたらテレビに出ていたかも!?(笑)
カウンター席は満席だったので、とりあえず奥のテーブル席に座りました。その後にガラッと空いたのでカウンター席に移動する事になりましたけどね。実は僕はこういうしっかりとした寿司屋で食べるのは初めてなんですよ。今までは回転寿司オンリーでした(笑)。
最初の注文では中トロとイクラとアナゴを2貫ずつ。値段は確か中トロが1貫420円で、イクラとアナゴが315円でした。ちなみに中トロをマグロ全般に置き換えれば、これが僕の中のベスト3になります。
待っている間、お品書きを見たり、板前さんを観察したりしていました。板前さんは面白い人で、「顔は悪いがネタは良い!」みたいな事を言って客を笑わせていました。
しばらくしたら注文の品が出されました。シャリは玄米みたいに茶色がかっていて、ふっくらとしていました。まずは中トロから。脂がよく乗っていて、うまい!!次にアナゴを。身がとってもやわらかくて、うまいっ!!!そしてイクラ。…?今まで食べてきたイクラと大して変わらない気がしますが、イクラ自体は大好きなので、うまい!
感想は軽くこんな感じで。途中で味噌汁が出されましたが、これもかなり美味しかったです。エビでしっかりとダシをとっていて、ちょっと贅沢な味噌汁でした。
さて、次の注文はどうしようかと壁のお品書きを見ながら一考。自分が食べた事がない寿司もたくさんあったので、それを食べてみようとも思ったんですけど、素直に自分が知っている範囲で食べてみたい寿司を注文する事にしました。注文したのは大トロ(525円)、ウニ(525円)、タイ(210円)を1貫ずつ。タイはいいとして、何とも寿司を分かっていない人がやりそうな注文の仕方ですね(爆)。
店内の人が少なかった事もあって、今度はすぐに出されました。まずは人生初の大トロから。中トロより更に脂が乗っていて、うまい!ただ、正直言って中トロとあまり変わらないような気もしました。次はウニ。濃い!甘い!!うまいっ!!!これは今まで食べてきたウニとは明らかに違いました。いいウニは甘いというのは本当だというのを実感できましたね。最後にタイ。プリッとした身に甘みがあって、うまい!
この後も他の店で色々と食べたかったので、これで終わりにしました。僕の記憶の値段で計算すると、これで合計3150円になります。「セット」じゃなくて「お好み」である事と、大トロとウニが入っている事を考えれば、9貫3150円は築地では妥当な値段だと言えるでしょう。

当初の予定ではあと3軒ぐらい行く予定だったんですが、この時点で既に僕の腹が許容量の60%ぐらいに(汗)。なので、とりあえず1軒に絞る事にしました。
向かった先は場外市場の「大森」です。2人とも牛丼が食べたいっていう事で他に「きつねや」が候補だったんですけど、大森では牛とカレーの「あいがけ」があるので、カレーも食べたいという僕の希望で大森になりました。
5席しかないカウンターに座って「あいがけ」の並(680円)を注文。ちなみにこの店は「あいがけ」の発祥の店だそうです。まずは牛肉から。う〜ん、ちょっと薄味かな…。豆腐が入っていたのはいいんですけど、そのせいで余計薄味に感じました。僕は基本的に濃い味付けの方が好きなので。続いてカレーを。う〜ん、具が大きいのはいいんですけど、正直言って何とも言えない味ですね〜…(汗)。でも普通といえば普通です。全体的には、うまい!?って感じで。ま〜、この時は腹がもたれていたので、なかなか味わう余裕が無かったっていうのもありますけどね。食べ終わった頃には許容量の95%ぐらいきてました(爆)。

さてさて、さすがにもうこれ以上は食べられなかったので、築地を後にする事にしました。近くにどこか暇潰しの場所があれば、また後で来たかったんですけどね。その後はゲームシティ川口店に行って、QMAとツーデラとドラムをやって帰りました。
今日1日だけでは築地を知る事はできないと実感しましたね〜。今日行けなかった店にも行ってみたいので、また気が向いたら行こうかと思ってます。
ちなみに「うまい」の後の「!」の数は僕の感動の度合いを表しています。

参考
築地市場を食べつくせ!

2005 3/6(日)

今日は偶然にもメッコールの自販機を見つけました!
場所は大宮で、たまに自販機の前を通る事もある場所です。今まで気付かなかったのは単にメッコールの事を知らなかったから素通りしてただけで、今日は自販機の横の書いてある「McCOL」の文字を見た瞬間に急停止!(笑)メッコールの自販機がある事は知っていましたが、まさかこんな近くにあったとは…。
値段は良心的な(?)ジャスト100円。Village Vanguardでは126円(税込)なので、少し安く買えますね。しかもこの自販機は何と今時かなり珍しい当たり付き自販機です!!
当たり付き自販機と言えば昔そこそこ普及したにもかかわらず、急速に消えて行った自販機ですよね。「当たり」になる確率は非常に低く、僕自身も当たりになった事はありません。でも当たりの現場を見た事は記憶の中で1回だけあります。

それは塾通いの中学時代(笑)。いつも塾帰りに何人かの友達が当たり付き自販機でジュースを買っていました。自販機の種類はダイドー。僕はその頃からドケチ節約人間だったので買っていませんでしたが、ジュースを買っていた友達も当たりなんて来るはずがないと毎回思っていた事でしょう。
でもある日「ピーッ!」という音が出て「当たり」ました。その場にいた全員が驚いたのは言うまでもないでしょう。僕はそれまで一度も当たりを見た事は無かったですし、当たりが出たという話も聞いた事が無かったので、本当に当たるもんなんだ…とか何とか思ったのを覚えています。
当たりを見たのはそれっきりです。その後、塾に行かなくなってからはその自販機の前を通る事は無くなったので、今もあるのかどうかは分かりません。でもその頃はもう当たり付き自販機が珍しかったので、無くなっている可能性が高いですね。

さて、メッコールの話に戻ると、100円という事もあって思わず買っちゃいました。当たりは一応少しは期待してましたが、そう簡単に当たるハズがありません(笑)。その後はケータイで自販機を撮影。こういう時にケータイのカメラって役に立ちますよね〜。
左の画像:横から見た自販機。この「McCOL」の文字が目に飛び込んできました(笑)。
右の画像:正面から見た自販機。当たり付きなのが分かりますでしょうか?メッコールは一応「おすすめ品」らしいです(笑)。下の広告がワンダモーニングショットになっているのも笑えます。この自販機が置いてあるのは雑貨屋だか駄菓子屋だか良く分からない店なんですけど、後ろの「氷」もポイント高し!(笑)

メッコールを飲んでみたいという人は通販を承ります(ウソ)。
本当に飲んでみたいという人はVallage Vanguardに行けばあると思います。
ただし、味に関しては一切保証しません(笑)。

メッコールについてもっと詳しく知りたいという人はコチラ


戻る