2002 11/27(水)

今日はメモリを買いに秋葉原に行きました。メモリ不足だとパソコンが訴えてるので(笑)。
実は僕のパソコンは組み立ての自作なんですが、パーツが昔買った頃に比べると随分安くなってますね〜!当たり前と言えばそうですけど、やっぱビックリです。
では、僕のパソコンの紹介でも。値段は当時買った時(1年半前・税抜き)のなんで注意っ。

・マザーボード:GIGABYTE GA-6OXE 13500円
メーカーはかなり有名所。マザーボードは組み立てにおいて一番重要だと思われるので、慎重に決めないといけないですな。ポートはカードが6つでメモリが3つ、となかなか余裕のあるやつです。

・CPU:Intel Celeron Processor 800MHz 13800円
こんなのもう売ってません(笑)。でもまだPentium4が5万とかしてた当時としてはなかなか高性能だったのですよ。今この値段なら、出たばっかのCeleron2.2GHzが買えます・・(^^;)

・ビデオボード:NVIDIA GeForce 2MX 32MB 10000円
メーカー不明(爆)。裏に書いてある日本語が面白いから・・という理由だけで友人に買わされた品(笑)。安物でなかなかヤバイんですが(日本語含む)、実際ヤバイです(笑)。ごくたま〜にパソコン起動しても画面に何も映らなかった事があったんですけど、それは恐らくコイツのせい・・(^^;;;)最近は大丈夫ですけどね。

・サウンドボード:CREATIVE Sound Blaster PCI Digital 5680円
サウンドボードでは有名なメーカー。友人が1秒で「これ買っとけ」と言って決めました(笑)。

・メモリ:PC133 CL2 128MB 5980円(バルク)/
PC133 CL2 256MB 2970円(バルク・今日買ったやつ)
こうして比べてみると当時と今の価格差が物凄いですね・・(^^;;;)今は128MBなら2000円ぐらいで買えます。3分の1とは時代も進んだもんだ・・(しみじみ)。

・HDD:Quantum Fireball 30GB 7200rpm 13500円(バルク)/
IBM Deskstar 30GB 7200rpm 14000円(バルク)
30GBなんて今は売ってる所が少ないです。なんで2つあるかというと、組み立て中にいろいろとトラブルがありまして、もう1つ買うハメになったんですよ(泣)。でも結局は関係無くて1個余計に買った事になってしまいました(号泣)。IBMのやつはほぼ新品のまま眠っています・・。

・CD/DVD−R:Pioneer DVD-115 40倍速/16倍速 9800円(バルク)
読み込みのみ。当時としては結構安く買えました。書き込みホシイ・・。

・FDD:1980円/1780円(言うまでもなく両方バルク)
いつの時代も変わらないこの値段(笑)。2つあるのはHDDと同じ理由です(悲)。でもこっちの方は怒って分解してハンダゴテで色々いじってたら見事ブッ壊れました(核爆)。機械は素直だ!(笑)

・モニター:15インチの安物 16800円
15インチか17インチかでかなり迷ったんですが、予算の都合でこっちにしました。ちなみに17インチだと1万円高。ちょっと差がありすぎですよね・・(^^;)

・ケース:安物 6000円
安物らしく、配線にちょっと難がありました(爆)。あんまり安すぎるのは良くないかも・・。

・キーボード:Microsoftの 3800円
インターネットキーボードと言って、「メール」などの一発ジャンプボタンがついてて凄く使いやすいです。

・マウス:Microsoftの 2200円
本当に使いやすく、さすがMicrosoftといった感じです。小さくて操作しやすいのが特徴。でも半年に1回は掃除しないと動きが悪くなります。<当たり前

・スピーカー:安物 1480円
ボリューム調整がしづらい安物スピーカー。なぜかデザインに惚れた(笑)。

・OS:Microsoft Windows98 SE 12500円(アカデミック)
実はHDDとFDDの2個買いの原因はこれの起動ディスク(とソフマップ)のせい。結局最初からフロッピーがブッ壊れてた・・と。原因が分かるまではかなり時間がかかり、秋葉原に何度も行きました。ま〜、自作パソコンの一番恐ろしいところはココなんですよね・・。


結構専門的な事が書いてたりしますが、これを書いている本人もよく分かってないので大丈夫です(笑)。当然今では売ってない物もありますが、もし今買うとなると合計3分の2以下の値段で揃えられるでしょう。パーツ買いの参考になれば幸いでっす。<ならない

Sakharov's Akihabara Report
絶句・・・。秋葉原の全ての店の各パーツの値段が週1ぐらいのペースで更新されています。・・神の領域だ・・。

2002 12/5(木)

今日は何と自分のパソコンがウィルスに感染してしまい、その駆除に苦しんでました(泣)。
感染したウィルスの名前はKLEZという今一番流行しているワーム型ウィルスです。僕は今まで何回か軽いウィルスなら感染した事がありますが、こんなに強烈なウィルスは初めてですね・・。
このウィルスの最大の特徴は差出人偽装のメールで来る事です。つまりメールの差出人が自分の知り合いになってたりするんですよ。僕もこれにまんまと引っかかりました(泣)。でも後で考えてみると自分が甘かったです・・(-_-;;;)
ウィルスの活動としては、アウトルックにある全メールアドレスに向けて、差出人を偽装したウィルスメールを送ること。特に「連絡先」にあるアドレスには多く送られます。
幸いにも僕は以前学校の課題でウィルスについて調べた事があったので、トレンドマイクロ社のホームページに速攻で行き、迅速な対処ができました。そこで何度もウィルスのオンラインスキャンをしたんですけど、実に25個ぐらいのファイルが感染してましたよ・・(^^;;;)感染直後はフリーズの連続だったり、ウィルスバスターが作動しないので(このウィルスはウィルスバスターを制御してしまう)、さすがに「もうダメだ・・。」とか思いましたけど、トレンドマイクロ社のツールで何とか全部駆除できました。・・が、アウトルックで送受信ができなってしまいました(泣)。
でもメール送信だけならまだいい方ですよ(人に迷惑はかけるけど・・)。もしハードディスクを破壊するウィルスだったらどんなに恐ろしい事が起きていたか・・・(爆汗)。なんか最近はメールをプレビューしただけで感染するBUGBEARというワームが流行しているようで。トレンドマイクロでも警告してますが、もうここまで来ると防ぎようがないですな・・。

迷惑をかけてしまった方々、本当に申し訳無いです。
みなさんくれぐれもウィルスにはご用心を。

トレンドマイクロ
ウィルスに関してはここで。ウィルスに感染している恐れがある人は今すぐウイルスバスターオンラインスキャンをしてみましょう。
この会社が無ければ今頃どうなっている事やら・・・。

2002年最悪のウィルスはKlez(Narinari.com)
自分が感染したウィルスです。本当に最悪・・・。

2003 3/14(金)

今日はHDD(ハードディスクドライブ)の増設をしました。前にも書きましたが、HDDがムダに1つ余ってるんで・・。元々のやつは30GB中の3GBぐらいしか使ってなくて別に増設することもないんですが、使わないままHDDを取っておいても仕方ないですからね。

注:この先色々な用語が出てきます。それぞれに説明を加えようかと思ったんですが、ワケが分からなくなったんで断念(爆)。詳しくは下に書いてあるサイトを見て下さいね。

まずはソフマップにてフラットケーブル(450円)を購入。家に帰ったら早速パソコン分解じゃあ!(←たのしい・笑)
まずは各ドライブのジャンパーピンの設定から。今まで使ってたHDDをプライマリーのマスターに、増設のHDDをプライマリーのスレーブに、DVD−RDをセカンダリーのマスターに設定。ちなみに今まではDVD−RDをプライマリーのマスター、HDDをプライマリーのセカンドに設定していました。これはケーブルの事情でこうなったんですけど、あまり良くない設定です。
ジャンパーピンを設定したら各ドライブを取り付けて、ケーブルを付けて、本体のカバーをして、マウスやらUSBやらを全て接続して(これが一番面倒)、いよいよパソコン起動っ!・・・・・ありゃ?HDDが認識されないぞ・・?ってなワケで、とりあえずもう1回分解するハメに(泣)。色々調べたんですが、結局元々のHDDのジャンパーピンが間違ってました。ミステイク!いや、でもジャンパーピンのイラストが分かりづらかったんですよ・・と一応言い訳しときます(爆)。
BIOSで各ドライブが認識された事を確認したら、最後に増設したHDDをOSに認識させるためにMS−DOSを使います。これについては下のサイトには書いていないので、ここに手順(Win98の場合)を詳しく書いておきますね。まずDOSに「fdisk」と入力すると「大容量ディスクのサポートを使用可能にしますか」と出るのでYを選択。そうするとハードディスクセットアッププログラムが表示されます。まずは5を選択してHDDを変更します。増設したHDDになったら1を選択して、1の「基本MS−DOS領域を作成」を選択します。それでパソコンを再起動すればOSに増設したHDDが認識されているハズです。僕の場合も今度はしっかりと認識されていて感動!仕上げに増設したHDDをフォーマットすれば増設作業は全て完了です。でもここで間違って今まで使っていたHDDをフォーマットしてしまうとシャレにならない事態に陥るので要注意っ!!さすがに僕もかなり慎重になりましたよ・・(^^;)

そんなんでHDDの容量は30GB×2の60GBになりました〜!・・と言っても別に処理が速くなったって事は無いですけどね。逆に負担が増えて遅くなったような気が・・(核爆)。
ま〜、とりあえずパソコンの分解は楽しいってコトで(爆)。

参考サイト:非常に分かりやすくていいです。


余談:システムリソースの話(Win9X,me対象)
「メモリ不足のため、このアプリケーションを実行できません。いくつかのアプリケーションを終了してから、やり直してください。」
よく目にするお馴染みのメッセージ。この前メモリを増設したのにも関わらず一向に無くならないので色々調べてみたところ、どうやらシステムリソースの不足が原因である事が分かりました。マイコンピューターのプロパティのパフォーマンスって所を見るとシステムリソースが表示されています。起動直後でこれが50%未満だと危険らしいです。僕の場合は30%ぐらいでかなり危険な状態でした(汗)。そもそもシステムリソースはメモリの量に関係無く一定量しかありません。なのでシステムリソースを少しでも多く確保しておかなければならないんです。
システムリソースを増やすには色々方法があるんですが、一番簡単で効果があったのは右下の時計の隣にズラッと並んでいるアイコンを消す事です。このアイコンを表示しないように設定するだけでシステムリソースがかなり増えます。僕は8個ぐらいあったのを3個に減らしました。他にも色々試した結果、起動直後のシステムリソースは77%まで増えました。メモリ不足のメッセージで悩んでる人はゼヒお試しあれ。

あ〜、XPが欲しい・・。

2003 10/4(土)

やっとパソコンのアップグレードができました。
そもそもCPUを換えたいと思っていたんですが、それにはマザーボードの交換も必要で、マザーボードを交換するとなるとメモリも換えないといけなくなるワケです。後になってから知ったんですが、実は電源も換えなきゃいけなかったんですよ。
では今回買ったパーツの詳細を書きますね。以前のスペックは11/27の日記参照で。
マザーボード:Intel D865GBFLK 15480円
主な性能:(CPU)FSB400/533/800MHz対応、(メモリ)DDR266/333/400対応、オンボードグラフィックス、オンボードサウンド、オンボードLAN(10/100/1000)、PCIスロット×6、USB2.0×8
IntelかGIGABYTEかでかなり迷ったんですが、安さを取ってこっちにしました。性能に関しては僕の理想通りで申し分無いです。今まで使っていたグラフィックボード、サウンドボード、LANボードはもう古くなっていたので、オンボードでそれが付いているやつにしました。オンボードとは言っても性能はかなりいいです。今ではほとんどのマザーボードにオンボードグラフィックとオンボードLANがあってビックリしましたね。

CPU:Intel Pentium4 FSB800MHz 2.4CGHz 19730円
一応現行Pentium4の最上位モデル(FSB800MHz)です。今回はCPUがメインだったので、ちょっと無理をしていいやつを買いました。今Pentium4を買うなら、同じ周波数ならどのベースクロックでも値段はそんなに変わらないので、一番ベースクロックが高いFSB800MHzのやつを買った方がいいです。

メモリ:PC3200/DDR400 256MB CL2.5 4280円×2(バルク)
メモリも性能がいいやつを。後で書きますが、これには大きな誤算が・・。

電源:ATX12Vの電源ソケットがある350Wのバルク電源 安くなって3500円ぐらい
バルクで、しかも1割引のセールをやってたので安く買えました。これも誤算の1つ。


さて、今回のPCアップグレードにはパーツ買いも含めていくつかの誤算がありました。次にそれらをちょっと書きます。
1.DDRメモリ
DDRメモリを使うにはメモリが2つ必要だなんて知りませんでした。なので結局2倍かかっちゃったんですよね。これは知らなかった自分が悪いんですが、僕はてっきり表示価格で2枚分だとか(爆)、1枚に2枚分くっついているとか思ってたんで(核爆)。

2.電源
Pentium4を使うにはATX12Vという電源ソケットが必要だなんて知りませんでした。最初は今まで使っていた電源で組み立てたので、スイッチを入れても画面に何も表示されないという現象が発生。これが原因だと分かるまで苦労しましたね〜・・。

3.OSの再インストール
今までHDDは2つ使っていたんですが(30GB×2)、メインで使っていたドライブは約2年半も使っていて寿命が近いと思ったので、ほとんど使っていないもう1つのドライブに全データを移動して今度はそれをメインにしようと思いました。んで、メインドライブのファイルを全部移そうとしたんですが、xpにはいくつか移動できないファイルがあるんです。meまでは1つのファイルを除いて全部移動でき、それで何の支障も無くOSが起動できるんですが、xpは移動できないファイル無しではOSが起動できません。うまい方法はないかと色々検索して調べたんですが全然見つからず、結局OSを再インストール(98→xp)する事になりました。これによりOSの全設定が初期化されるという事態に。今回のアップグレードで一番辛かったのはコレですね。
ま〜、それ以前にマザーボードを換えると結局OSを再インストールするハメになるっぽいですけど・・(^^;)


そんな誤算のせいで予想以上に時間がかかってしまいました。今はほとんど以前と変わらない状況まで持って来れてホッとしてます。でも自作PCにトラブルは付き物。上手くいく方が珍しいですからね。相性が悪くてパーツの買い替えという最悪のケースにはならなかったし、色々勉強になったのでヨシとしましょう。
さて、アップグレード後ではどこが変わったかというと、まずダウンロードの速度が平均200kbpsから600kbpsまで上がっていてビックリしました。あとはBOのキャラの動きがかなり滑らかになっていましたね。でもなんかRoadでの足の速さが遅くなったような気も・・?(汗)どっちにしても明らかに速くなった事が分かって安心しました。
これであと2年は大丈夫。あと換えるとしたらHDDかな〜。CD−RWDも欲しい・・。


最後にPCショップの紹介でも。
パソコン工房
マザーボード、CPU、メモリを購入。今回初めて行った店なんですけど、どのパーツも安かったのでここでまとめて買いました。今後要チェックの店ですな。

Faith
僕がパソコンのパーツを探す時に必ず寄るのがココ。どれを取っても安い。でも今回パーツを買いに行った日は運悪く休業日でした(泣)。


昼は「がんこラーメン」で(笑)。

2004 5/7(金)

突然のHDDクラッシュから何とか復帰できました。
HDDがクラッシュしたのは2日の事。何の前触れもなく急にHDDの音が変になり、これはヤバイと思い、とりあえず再起動すれば直るかと思って再起動したらOSが起動しなくなりました。どうやらデータを読み込む事ができないみたいなんですよね。
仕方ないので新しいHDDを買う事に。日立IBMの160GBのHDDを10590円で買いました。クラッシュしたHDDもIBMだったのでなるべく他のメーカーにしたかったんですけど、他に気に入ったメーカーが無かったのでコレに決定。
新しいHDDを一通りセットアップした後もクラッシュしたHDDをスレーブで繋いで色々試したんですが、やっぱりデータを読み込んでくれません。でもデータは消えたワケじゃなくて残っているハズなので、まだ可能性はあるんですけどね〜・・。
そんなワケで全くの白紙に戻された感じです。物凄く大切なデータは無かったので良かったんですけど、一番大きいのはデジカメの画像などの思い出の部分ですかね。QMAの画像は別にどうでもいいんですが(爆)、ケアンズの画像が無くなるのはかなりイタイです(泣)。QMAの画像が全部無くなったので、「今日の問題」はしばらくの間休みになります。場合によっては復活できないかもしれません。
ちなみにホームページのデータだけは唯一バックアップを取ってあったので、ほとんど無傷でした。しかもバックアップを取ったのはなんとクラッシュ前日!!最近DVD/CD-R/RWドライブを買ったので、書き込みテストを兼ねて一番大切なホームページのデータをCD-Rにバックアップしておいたんです。「虫の知らせ」とは正にこういう事を言うんですかね〜。
とりあえずまだ諦めるには早いので、あらゆる手を尽くしてみようと思っています。

2007 1/2(火)
モニター購入

今日は秋葉原に新しいモニターを買いに行きました。

モニターは最初にパソコンを買った時からずっと使っていて、もう5年ぐらいになるんですかね。さすがに寿命が近づいているようで、最近は映り始めが暗く、時間が経つにつれて徐々に明るくなっていく感じでした。
そんな15インチのTFTモニターを使っていたんですが、もう十分に役目は果たしたと思ったので、完全に壊れてしまう前に新しい液晶モニターを買う事にしました。

何気に秋葉原に行くのは久しぶりで、ヤマギワソフトで火事があった後に行った時以来ですかね。ちょっと変化した街並みに驚きつつ、いいモニターがないか探す事にしました。

予算は2万円前後としており、まず19インチにするか17インチにするかで迷ったんですけど、19インチの低スペックのモニターよりは17インチの高スペックのモニターの方がいいと思ったので、17インチを買う事にしました。
あとはスピーカーが付いている物に絞って探していきました。

いくつか候補があったんですが、色々と考えた結果、三菱の「RDT1713VM」というモニターに決めました。→コレ
今度はこのモニターを売っている店でどこが一番安いかを調べにまた何店か周り、僕が一番信頼しているPCショップ「Faith」の系列である「じゃんじゃん亭」が一番安かったので、そこで買う事になりました。
初売り期間という事もあって、18900円という値段で購入しました。ドット落ち保証には入らず。色はブラックです。

家に帰って早速つけてみると、前のTFTモニターよりも遥かにキレイで感動しました。三菱だからスピーカーもいいだろうと思っていたんですが、スピーカーから出てきた音は最低レベルでした(汗)。普段使っている1500円で買ったスピーカーに負けるとは…。速攻で元のスピーカーに戻しました。


そんなんで、スピーカー以外は概ね満足なモニターでした。
かなり久々にパソコンのパーツを買いましたね。次に買い換えるのはマウスあたりになりそうです。あ、インクがバカ高いプリンターも換えたい…。


戻る